人事

飲食業界で働く人事スタッフの仕事内容、必要なスキル、活かせる経験、身に付くこと、平均給与、求人募集の未経験採用などについて紹介します。

飲食業界での人事スタッフの仕事内容

人事の仕事というのは会社のバックヤード的な仕事であり、良い人材を採用、育成して会社組織を発展させることが目的であるため、飲食業界であっても一般企業とは基本的に、あまり違いはありません。

人事の仕事を大きく分けると企画、採用、研修や教育、評価、労務、人材評価、人材の育成になります。企画は人材採用計画を立て、適切な部門構成をつくり人員を配置して会社の経営目標を達成させる仕組みづくりを行います。採用は必要な人材を採用計画に基づいて募集、採用します。

最近では、求人サイトやハローワークだけでなく、SNSや採用イベントの企画や運営も人事の仕事になります。研修や教育では基本的な社会人マナーなどは外部会社に委託することも多いですが、社員に対してどのような内容の研修を行えばいいのかを考えて計画することは人事の仕事です。評価では目標管理、目標達成者への評価、成果に対する報酬制度などの構築を行います。

労務では給与計算、勤怠管理、社会保険手続き、福利厚生、安全管理などの仕事を行います。最近はうつ病や過労死が問題となっているので、メンタルヘルスへの対応も行う必要があります。

会社の規模によっては、これらの業務を1人で行ったり、分担して行ったりするところもありますし、経理や広報も兼任することも。大きな会社になると、採用だけ別部署になっていることや新卒採用と中途採用が分かれていることもありケースバイケースと言えるでしょう。

必要なスキル

人事部門で仕事をするには会社を経営的な視点でみることのできる幅広い知識が必要です。社内の部署が、それぞれどんな仕事をしているのかを把握し、会社の目指す方向性も理解していなくてはなりません。また、会社の顔となって採用活動をするなど対外的業務が多いので明るく社交的な人が向いています。

コミュニケーション能力はもちろんですが、欲しい人材に的確にアピールするプレゼン力も試されます。体外的なものだけでなく、採用後の研修や新人教育の場でも、必要とされるスキルです。新入社員がスムーズに現場で活躍できるようサポートし、会社に貢献できる人材育成を目指します。

さらに、人材確保のために常に採用情報に敏感でなければいけません。新卒でも中途でも、どのような戦略を立てれば自社を魅力的に見せられるのか、旬な情報を収集するスキルも求められます。

社員の法的な手続きをスムーズに行うため、高い専門知識があることも望ましいでしょう。人事と言っても、携わる部門によって求められるスキルは変わってきます。社交的でないから向いていないと判断してしまうのは早計でしょう。

人事関連の専門資格としては、社員の能力をどのように伸ばしていけばいいのか専門的な点から提案することができる国家資格のキャリアコンサルタントがあります。

活かせる経験

業種を問わず前職で人事関係をしていた場合、その経験を活かすことができます。人事は全ての企業で必要な仕事ではあるものの人事職として定期的に募集をしている会社は多くありません。

人事職を経験しているのであれば、その際の実績を数値でアピールするのがポイントです。また、どのような採用企画を実施したか、どのような専門知識を持っているかも活かせます。人事の仕事は担当ごとに求められるスキルが違うのも特徴の1つ。採用や教育であればコミュニケーション能力、人事考課であれば公平な視点、労務管理であれば手続き関係の専門知識といった具合です。

新卒であれば総合職で採用を行い、本人の適性や希望で人事に配属されるというケースがほとんどですが、人事要員はそんなに大人数を必要としないのでポストに空きがなければ配属されることはありません。中途採用の場合は急な退職などで空きが出た場合に募集されることが多いですが即戦力が必要なので人事経験者のみという求人がほとんどです。

募集が無い限り、転職をして人事担当となるのは少しハードルは高めですが、別の業務での採用を経て人事を目指すことはできます。キャリアプランをしっかり立てられる計画性を育んだ経験があれば、それも活かせるでしょう。

身に付くこと、
キャリアステップ

人事の仕事をすることで身に付くスキルとしてはコミュニケーション能力があります。社会保険労務士など会社の内外と関わりを持つことが多く、経営陣とやりとりをしたり、人間関係のトラブルを解決したりすることもあるからです。

社員のデータを管理する必要があるためエクセルなどのデータ管理ソフトなどのOAスキルが身につき、給与計算や各種手続きではミスが許されないので正確性も身につきます。採用や教育業務を行うことで問題提起力や解決力も身につきます。

人事の仕事のキャリアパスは大企業や中堅企業の場合、最初は採用アシスタントや給与計算業務を行います。数年の間に業務ローテーションをし、得意業務の専門性を高めていくというパターンが多いです。人事部が総務を兼ねているような小さい会社の場合、最初から色々な業務をこなし、やがて管理機能を一手に取り仕切れるマネージャーになるというのが一般的です。

平均給与

人事の年収は、年齢によって差があります。20代では平均して300~400万円程度のものが、40代では300~500万円まで伸びています。しっかりとキャリアアップできれば、給与も比例して上がっていくようです。企業にとって必要な部署でありながら、他部署に比べても決して高くはない数字と言えるでしょう。ですが、人や企業によっては数千万円以上の年収があるケースも。特に飲食業界では、業界内での勤務経験や店長経験者などの給与が上がりやすい傾向となっています。

転職をして給与が上がったという人も少なくありません。自分のスキルに見合った給与がもらえているのかが、転職のポイントの1つとなっているようです。今の職場に不満があったり知見を広げたいと考えているなら、飲食業界の人事への転職を視野に入れてみるのもいいかもしれません。

参考サイト

未経験の採用

未経験で人事職として採用する会社は飲食業界だけでなく他業種も含めてほとんどありません。

しかし人事業務をサポートするアシスタントとしてなら未経験でもOKという求人もあるので、まずはアシスタントとして入社し実務経験を積んでいくとよいでしょう。ただ社内異動であれば人事の実務経験が無しでもOKという場合もあります。

採用担当者が教える!
面接に受かるコツを見る

当仕事経験者からの口コミ

面接では目を合わせてくれるかを重視/女性
面接をする時は、転職回数や理由を聞くようにしています。例えば、人間関係を理由に辞めてしまったという方には、それを踏まえてアドバイスすることもあります。また、重視しているのはビジョンを持っているかと目を合わせて話してくれるかです。飲食店の従業員の面接なので、服装や清潔感もチェックしています。ジャケットを羽織ってきてくれると、個人的にはポイント高めですね。食べ物を扱う仕事なので、そういった部分も重点的に見ています。
時には踏み込んだフォローも必要な仕事です/女性
仕事中だけでなく、プライベートの問題も業務に影響を与えるので、スタッフには少し踏み込んだ質問をすることもあります。直接会話するだけじゃなくて、LINEを使ったりもしていますよ。現場では言い辛いことでも、しっかり話してもらえるようにアプローチするのが、人事の仕事かなって思っています。また、そういった意見をきちんとキャッチしようと心掛けています。
さらに、面接では良い条件ばかりを話すのではなく頑張らないといけないことも伝えています。納得の上で働いてもらわないと、お互いにとって良くないですからね。
業界全体を盛り上げることも1つの目標です/40代男性
飲食業界の働き方のイメージは決して良くありません。私は人事という仕事をとおして、そういったイメージを払拭したいと考えています。私自身がこの業界が大好きなので、良さを伝えてくことが目標です。マニュアル的な作業のイメージが強いでしょうが、本来は接客業。お客様に喜んでもらえるとてもやりがいのある仕事だと、知ってもらいたいです。また、私が務めている会社では、1人ひとりの働きがいを育てる取り組みをしています。スタッフが生き生きと働ける現場にすることも仕事です。
しっかりとした情報開示が大切/男性
飲食業界専用の求人サイトを使って、募集をしています。求人媒体ごとに特徴があるので、欲しい人材と合うところを使うようにしています。面接のときには、現状をきちんと伝えるように心がけています。転職や就職で弊社に来る方にとって、新しい環境は魅力しかないように映ることもあるからです。そうではなく、チームの一員となって会社に貢献してもらうのが仕事ですよ、とお話しするようにして入社後のギャップを減らすようにしています。
シフトに多く入ってくれるかがカギ/年齢性別不明
アルバイトを採用する際はシフトに多く入ってくれるかどうかを見ます。正社員は根気があるかどうかもポイントです。人の入れ替わりが激しい業界なので、つらくなったらすぐにやめてしまうような人は雇えません。やめてしまった人のシフトをカバーするため、残されたスタッフにしわ寄せがきてしまうからです。そのため、面接ではちゃんと働いてくれるかどうかをシビアに見ています。とはいっても、実際に見ているのは圧倒的に第一印象が多めです。清潔感があり、コミュニケーション能力も高め。それに加えて美形であれば、すぐにでも採用したいなと考えます。
「ここで働きたい」と思ってくれた方を選びたい/女性
私は、弊社まで足を運んで、自分の目で見たうえで「ここで働きたい」と思ってくれた方を採用したいです。飲食業界は体力がないと厳しかったり、同じ職場の方との付き合い方に悩んだりという方もいますから。自分から積極的に動ける方、「仕事をしながらいろいろなことを学びたい」という方でなければ採用できません。それは面接の際にもお話しています。
真剣に取り組むなら独立志向が強くても採用します/男性
独立志向を持っている方が集まるのが飲食業界の特徴です。独立するとライバルになるので、そういった方が面接に来られたら敬遠する人事担当者も多くいます。しかし、独立志向を持っている方は仕事に対する目的意識が高く、どんな仕事にも真剣に取り組んでくれる方も多いのです。良い仕事ぶりは職場環境にも良い影響を与えます。なので、私は独立志向を持っている方を敬遠することはありません。反対にメリットばかりではないかと思っています。
産休を経た女性でも働きやすい環境づくりに尽力/女性
女性が働きやすい職場づくりを推進しています。私自身も産休、育休を経験したうえで戻ってきているので、私と同じように「女性が輝ける職場」を作りたいと思ったのがきっかけです。さらに、お店のサービス向上にもつながるのではないかと感じました。「女性だからお客様の気持ちがよくわかる」という考え方は本当にあると思っています。店内がキレイに保てているか、汚れている箇所がないかという点に気づける方は、やはり女性が大半です。女性目線の気配りや気づきなどを、店舗のサービスアップと結び付けられるような組織にしていきたいと考えています。
長く働いてくれる人かを判断しています/年齢性別不明
面接をする際、「この人はうちで長く働いてくれるだろうか」という視点を持って接しています。飲食店はフレキシブルな対応が求められる仕事で、一人前に動けるようになるには最低でも3ヶ月かかるからです。ポイントは履歴書で職歴を見ること。今までどれくらいの時間帯で働いてきた人なのかを把握して、初めてのアルバイトなら学校で部活をしていたかを確認しています。志望理由も良い判断材料でね。社会勉強のために働く人よりも「稼ぎたい」という人の方が長く続いてくれます。両者の場合、稼ぎたいという人の採用優先度が高いですね。
目を見て笑顔で話せる人を優先して採用/年齢性別不明
会話するときに目を見て会話できる人は採用する確率が高くなります。それほど重要視しているポイントです。笑顔がみられて愛嬌があり、ハッキリと聞きやすい声で話せるというのも大事ですが、初めての面接ではなかなか難しいでしょう。その場合は少し話をしてみたときに笑顔を見せてくれるかで判断します。
PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。