パティシエ

近年、女性だけでなく男性からも人気のある「パティシエ」。

しかし、意外にもどのようなルートでパティシエになれば良いのかわからない方も多いです。

今回は男女問わずに人気のあるパティシエになるための方法や仕事内容、必要なスキル、平均給与などを調査してみました。

業界未経験からでもパティシエになれるのかをご紹介していますので、ぜひご覧ください。

パティシエの仕事内容

パティシエとは、フランス語で「菓子製造人」を指します。

日本においては、洋菓子職人に対してパティシエを使い、和菓子を作る職人は和菓子職人と呼ばれることが多いです。通常、和菓子を作る職人のことはパティシエとは呼びません。

パティシエというと、一般的に創造する力が試されるように感じますが、意外にも伝統的な味や作り方を提供し続ける技術が求められます。

たとえば、モンブランやタルトなど基本的に形を変えずに伝統的な味が今もなお提供されているのは味を守り続けるという意味合いが込められているからです。

気温や湿度で変化する小麦粉やバター、砂糖、卵の分量を調整し毎日同じ品質で提供するためには、専門的な知識と技術、経験が必要になります。

パティシエの具体的な仕事内容ですが、基本的な業務は店舗で提供する洋菓子を作ること。

洋菓子の種類は、ケーキからムース、マドレーヌ、マカロン、焼き菓子などさまざま。

特に新人パティシエの頃は、洋菓子を作るための下準備を担当することが多く、フルーツのカットや各種材料の計測、クリームの泡立てなどを行います。

もちろん入りたての頃は、掃除や食器洗いなどの雑用から下積みします。

パティシエも大きな洋菓子店であれば、洋菓子作りを専門に行う分業制を導入している場合もありますが、小さな個人店の場合には、お客様の接客から商品の宣伝までを担当することも。

そのほか、伝統的な味を守り続けるだけでなく、季節に応じた新商品の開発やレシピを研究する力が求められます。

必要なスキル

パティシエになるためには、洋菓子に関する専門知識やスキルが必要です。個人的な趣味の延長でカフェなどを開業する方は除き、独学では専門的なパティシエになることは難しいでしょう。

パティシエになるための方法ですが、基本的には以下のように3つのルートがあります。

  • 高校卒業と同時に洋菓子店で働く
  • 調理師学校および製菓専門学校から洋菓子店へ
  • 大学・短大・専門学校から洋菓子店へ

パティシエになるための専門的な資格はありませんので、必ずしも製菓専門学校などの養成機関へ通う必要もありません。町の洋菓子店などでも未経験者でも求人を募集していることが多いです。

高校卒業と同時に洋菓子店で働くことのメリットは、最も最短で現場から学べるということ。未経験の場合には、アルバイトやパートからのスタートになってしまいますが、実践を通して洋菓子の専門知識や技術を身につけられます。

一方で、いきなり現場に入ることでその洋菓子店のやり方がベースになってしまいます。パティシエのレベルは店舗によって異なりますし、勤務時間だけでは多くを学べない可能性もあるため、空き時間を活用して学び続ける必要があります。

洋菓子作りを基本から学びたい方は、やはり調理師専門学校や製菓専門学校へ入学することをおすすめしますし、パティシエになりたい方にとっては最も有力なルートです。

基礎技術や実習を通して基礎を学べるだけでなく、専門学校によってはホテルや洋菓子店などへの就職サポートも付いています。

とはいえ、専門学校に関してもカリキュラムは全く異なりますので、より自分の理想に近いカリキュラムがある学校を選ぶことが重要です。

社会人からパティシエを目指す方にも、社会人コースなどが併設された専門学校もありますので、ぜひ参考にしてください。

また、パティシエを目指す方に取得しなければならない必要な資格はありませんが、あると良いとされる関連資格がございますので、ご紹介します。

製菓衛生師資格
製菓衛生師とは、厚生労働省が認める国家資格になります。菓子製造業に関する人材の資質向上や、製菓衛生の向上を目的としており、パティシエになる人にとっても重要な資格です。製菓衛生師資格を取得するためには、製菓衛生師養成施設で1年以上学ぶか、2年以上の実務経験が必要になります。
菓子製造技能士
製菓衛生師が、お菓子作りの基礎や食品の安全、添加物に関する専門知識を学べる国家資格であるのに対して、菓子製造技能士は国が認定する技能士制度の1つになります。具体的には、お菓子をつくる技術と知識に特化した資格。資格には、1級と2級があり、試験は学科と実技に分かれています。2種類のボンボンショコラを製造するなどより実践的な実技試験となり、取得して損はありません。菓子製造技能士になるためには、基本的な実務経験が必要です。

資格を取得していなくてもパティシエにはなれます。

しかし、取得していることで菓子製造に関する基礎知識や技術が認められるため、ぜひパティシエになりたい方は検討してみることをおすすめします。

活かせる経験

完全未経験でも取得しなければならない資格がないためパティシエになることは可能。

高校を卒業し同時に洋菓子店へ修行にいく方も多いです。

活かせる経験ですが、やはりお菓子作りが普段から好きな方や仕事に対して前向きに取り組める方、アイデアが豊富な方は十分業界でも自分を活かせます。

当然ですが、お菓子作りが好きでないとパティシエには向きませんから、お菓子への情熱や好きという気持ちを大切にすれば簡単ではありませんが、パティシエを目指せますよ。

その他、見習いのときは食器洗いや接客などもありますのでまずは下積みからスタートします。下積みは面倒という方も多いかもしれませんが、パティシエになるための基礎を身につける重要な時期です。

下積み時代の丁寧な仕事がパティシエとしての洋菓子作りに反映されます。

身に付くこと、
キャリアステップ

パティシエと言っても、大きな洋菓子店や個人店、レストラン、ホテルで役割が異なります。

大型洋菓子店であれば、オーブン担当・生地担当・仕上げ担当・ケーキ担当・焼き菓子担当など分業制を導入している場合もあり、それぞれに特化したスキルが身につきます。一方でこのような専門店は、朝がとても早く、夜が遅いのも特徴です。

個人の洋菓子店であれば、人手が少ないため、パティシエが接客からスイーツ生地、デコレーションまで一人でこなす場合も。最初はとても大変ですが、オールマイティーな知識や技術が身につきます。

レストランでパティシエを採用している場合には、主にデザート部門を担当することになります。

主に「アシェットデセール」と呼ばれる皿盛りデザートを作りますので、高い盛りつけセンスが必要に。

レストランの場合には、洋菓子作りに特化した環境ではありませんが、高い品質で提供される技術が必要です。

その他、ホテルでもパティシエは活躍できます。

ホテルの場合には、パーティー用のデザートやウエディングケーキ、販売用のお菓子など豊富なお菓子作りを担当します。

専門店と比較するとそこまで忙しい職場ではありませんが、結婚式やパーティーなどのイベント時は慌ただしくなります。

ホテルの多くが、分業制を導入し、それぞれのお客様のご要望に答えします。パティシエが働く職場はさまざまで、職場ごとに特徴が異なりますので、身に付くスキルにも違いがあります。

就職をする際には、自分がなりたいパティシエの姿をイメージして、勤務先を選ぶと良いですね。

平均給与

パティシエの平均給与について調査してみました。

パティシエは見習い期間があるため、この時期はあまり給料が高いとは言えません。専門的なスキルを学ばせてもらっている代わりにお給料が低いのが特徴です。

初任給は、月給15万〜18万円くらいが相場で、恵まれた職場でも20万円ほど。年収に関しては、200万円〜300万円が相場でしょう。

もちろん、大きな洋菓子店などでキャリアを積めばチーフやリーダーなどに昇格し、年収はアップします。

正社員の平均年収
求人ボックスが2019年12月に算出した調査によると、パティシエの平均年収は約345万円となり、2019年度の日本人平均年収は441万円であることから平均よりも低い傾向です。
正社員の月給
正社員として働く場合、月給換算で29万円が相場です。しかし、あくまでも相場ですので初任給は20万円程度となります。もちろん20万円でも多いという職場も多く、場合によっては月給15万円以下ということも。
アルバイトやパートの平均時給
アルバイトやパートとして働く場合には、平均時給がそれぞれ、アルバイトが983円、パートタイマーが1,350円となります。

このようなデータから、パティシエは店舗で働く場合ですと高給料とは言えません。しかし、お店を開業し独立したり、オリジナル商品を開発することで数千万円規模の年収も夢ではありません。

参考サイト

未経験の採用

パティシエの未経験での採用は可能です。必ずしも資格が必要ではないため、すぐに実務経験を積むことが可能です。求人ボックスに掲載されている求人を閲覧すると「未経験 OK」も数多く存在します。

もちろん、製菓専門学校等の養成機関から就職する方が転職サポート付きなど優遇されることは多いですが、未経験でもお菓子作りへの情熱があれば不可能ではありません。

採用担当者が教える!
面接に受かるコツを見る

当仕事経験者からの口コミ

自分の作ったものが美味しいと言われる喜び/20代 女性
パティシエになって一番の喜びは、自分の作ったものがお客様から「美味しい」と言って頂けることです。ありきたりかもしれませんが、数多くの洋菓子がある中でお客様が私が作った洋菓子を手にとるためには、パッケージやデコレーション、ディスプレイなど見た目が重要。味だけではなく、見た目の美しさなど非常に奥が深いです。
やりがいは大好きなお菓子にかこまれて過ごすこと/30代 男性
パティシエになって一番のやりがいは、大好きなお菓子に囲まれて仕事ができること。また、お客様がショーウインドウを覗いたときのキラキラとした表情を見れることも喜びです。どんなに同じ材料を使用しても気温や湿度のちょっとした違いで品質が変わる繊細な奥深い仕事であることも魅力ですね。
製菓学校出身ではない私がパティシエに/30代 女性
もともとからお菓子好きではありましたが、歳をとっていたこともあり製菓学校に通うことはできませんでした。しかしこの業界は、人手不足であることもあり、未経験でも年中求人があります。繁忙期であれば未経験の採用率も上がります。私も最初は、アルバイトでしたがしばらく働いた後、やっと正規採用されました。確かに、他のスタッフと比較してしまうと製菓学校に通った方の方が基礎知識も断線違いますし、ハンデは存在します。私も先輩達についていこうと、空き時間を利用しては必死に勉強をしました。未経験でも必死に努力すれば、決してパティシエになれないわけではありません。
熱意を伝えて採用された/40代 男性
パティシエに関して資格を特に持っていませんでしたので面接時には、採用されるために意気込みを伝えたことしか記憶にありません。未経験でもきちんと熱意を伝えれば採用される可能性はあります。しかし、入ってからは未経験だからこそ努力したことは多いです。私が勤務した洋菓子店は、12時間労働が当然でしたので、帰宅も遅かったです。また、おしゃれで素敵な印象のあるパティシエですが、小麦粉の袋は25kgもあり、意外に体力がきつかったことを覚えています。未経験でも採用される可能性は高いですが、未経験だからこそ努力が必要です。
PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。