店長

飲食業界で働く店長の仕事内容、必要なスキル、活かせる経験 、身に付くこと、平均給与、求人募集の未経験採用などについて紹介します。

飲食店店長の仕事内容

レストラン、居酒屋、カフェなどの店長は、お店を管理して運営する責任のある仕事を行います。売上目標を達成するための計画をたて、料理の品質を保ちつつ原価を下げる工夫などを行い、売上アップを目指します。食材の在庫管理や、円滑な店舗経営ができるようにスタッフを管理することも店長の重要な仕事です。

具体的にはお金の管理(店の売上、材料費、人件費、家賃、光熱費、客単価、家賃、光熱費など、金銭にまつわることを管理する)、食材発注・在庫管理(消費期限が短い食品もあるので過不足なく食材を発注し管理する)、スタッフ管理(スタッフの管理、接客やマナーについて教育して人材育成するなど)があります。

店長はその店のリーダーであり一般企業であれば自分の部署をまとめる中間管理職的な立場なので、利益を追求しながらスタッフの教育も行わなくてはなりません。

いつでもスタッフの手本となる接客をし、お客様に対しても細かく気を配る必要があります。店内やお客様の様子をいつでも観察し、何かが必要な状況となったら瞬時に判断して動くという咄嗟の判断力も必要となります。店長や従業員の雰囲気や態度によって店の雰囲気や居心地の良さも左右されてしまうので責任のある仕事ですが、同時にやりがいのある仕事でもあります。

必要なスキル

飲食店の店長になるために必要なスキルは、経営能力リーダーシップの2つです。経営能力は売り上げや人件費などに気を配り、長期的に店舗を経営するために必要。簿記やマーケティングに関する知識があれば、経営の見通しを立てる際に役立ちます。また他スタッフと円滑に仕事ができるように、接客の指導や正確な指示出しができるリーダーシップも必要です。

一方で、飲食店の店長になるために必要な資格は特にありません。飲食業の勤務経験がなくても、パートやアルバイトから始めて店長を目指すことができるため未経験者でも挑戦しやすい仕事です。接客業なので、人と接することが好きな人や明るい性格でお客様に対して感じよく対応できる人が向いています。

活かせる経験

前職に接客業や飲食店での勤務経験があれば、即戦力となり業務に活かせます。お客様やスタッフの様子をうかがい臨機応変に対応することが求められるので、経歴が長ければ長いほど力になるでしょう。飲食業だけでなく他業種でもリーダー的立場の仕事をしていたことがあれば、対応力の高さが強みになります。

あとは経営者として、簿記や経理などお金にまつわる知識があれば業務をスムーズにこなせるでしょう。店長は店舗経営のために税金や人件費など、経営にかかるコストを常に把握する必要があります。簿記や経理などの知識があれば、数字が持つそれぞれの意味を理解して経営状態を正しく把握できるでしょう。

身に付くこと、
キャリアステップ

飲食店の店長として接客する力や経営者として全体を見ることができる力が身につきます。リーダーとして従業員を教育・指導し、その場をスムーズにするコミュニケーション力、問題点を見つけ出して改善するための解決策を考える力なども身につきます。

パートやアルバイトから店長になるケースや、飲食店経営のノウハウを覚えて独立するケースもあります。また、接客経験は他業種でも役立つので、飲食業以外への転職もできるようになります。

平均給与

年代別
転職サイトDODAの情報によると、飲食店の店長の平均年収は20代で299万円、30代で368万円、40代で416万円、50代以上では417万円となっています(*1)。年代によって平均年収が高くなる傾向にあり、20代と50代では約100万円の差が見られました。もちろん規模や業務形態によって収入は変動しますので、あくまで参考程度に留めておきましょう。
経営スタイル別
個人店や大手チェーン店では収入に差があり、レストラン、居酒屋、カフェなど店舗形態によっても異なります。個人経営でも、複数店舗を経営するようになると年収が格段に上がります。またオーナーと店長が別の場合給与はオーナーから一定額支払われますが、オーナー兼店長の場合、売り上げがそのまま自分の給与に影響するので注意が必要です。
地域別
地域によって時給や集客力に違いがあります。ホールスタッフやキッチンスタッフと同様、首都圏で勤務した場合の給与は地方よりも高額です。また居酒屋や夜遅くまで営業しているレストランは、深夜労働手当が適用されるので給与が高い傾向にあります。

参考サイト

未経験の採用

飲食店店長の仕事は未経験でもOKというところもありますが、やはり店舗経営やスタッフの育成に関する重要な仕事を担うポストなので、経験者優遇であったり経験者を求むという飲食会社が多いです。

最初は未経験の見習いスタッフで働き始め、店長を目指して頑張ることもできます。「とらばーゆ」に掲載された求人の集計によると未経験OK比率は75.6%となっています。

採用担当者が教える!
面接に受かるコツを見る

当仕事経験者からの口コミ

お客様との距離感が大事!/30代 男性
「働いていて良かったな」と思うのは、お客様に名前を覚えてもらったり、うちのスタッフを気に入ってもらえたりしたときですね。あと印象に残っているのが、私が別の店舗に移動になったときに常連さんがわざわざお祝いに来てくれたことです。プレゼントにフルーツを頂いたのですが、お酒が飲めない私のことを考えて選んでくれた心遣いを感じて「働いていて良かったな」って思いました。今後もみんなと一緒に頑張って、良いお店をつくっていきたいです。
スタッフの教育次第でお店の雰囲気が変わる/40代 男性
いまこそ元気が取り柄のお店ですが、私が配属されて移ってきた時はあまり元気のないお店でした。それまで店長がいなかったから、スタッフ同士で連携が取れていなかったようで…。だからまずはあいさつから教え込みました。スタッフ同士の連携と接客を良くするためには、初歩的なことをちゃんとできなきゃいけないから。それからはみるみるうちに成長していって、スタッフ全体で良い雰囲気ができました。教えている私も学ばせてもらうことが多かったし、楽しかったです。
数字だけじゃなくスタッフも大事に。/30代 男性
店長として大変な仕事のひとつが、スタッフとのコミュニケーション。こちらの考えを一方的に押し付けてしまうと、スタッフのやる気が落ちてしまったりお店全体の雰囲気が悪くなったりしてしまいます。実際店長になりたての頃はうまくコミュニケーションが取れず、スタッフとの間に溝ができたことも…。それからは自分の考えを一方的に押し付けるのではなく、相手の意見を聞いたり私の経験談を話したりして、信頼関係を築くようにしています。
まずは小さなことから積み上げていく。/30代 男性
店長になったら常に売り上げを気にしなくてはいけません。お客様を呼び込むため、イベントで使ってもらえるよう企業に宣伝しに行ったり新しいメニューを考えたりします。私の場合は「小さなことも売り上げにつながる」と考えているので、接客時におすすめの料理を紹介するようスタッフの指導も行っています。そうやって努力して、目標にしていた売り上げを達成したときがとても嬉しいです。あとは売り上げやシフト管理をしていくうちに、パソコンを使いこなせるようになりました。最初はできなくても、続けていくことで分かるようになります。
みんなが笑顔で過ごせるお店作りを。/20代 女性
店長として目指しているのは、お客様だけではなくスタッフにとっても居心地の良いお店作りです。スタッフが笑顔で活き活きと働いたらお客様にとっても居心地の良いお店になると思います。あとは、常にスタッフの手本になるように率先してお客様にそれぞれに合わせたサービスを行っています。マニュアル通りの接客ではなく、自分で考えてするのが大事です。例えば常連のお客様に対しては先にいつも注文されているお品をお出ししたり、少し会話を楽しんだりなど常連のお客様だからこそできるサービスを行っています。
実力があれば若くても店長になれる/30代 男性
全国に展開している外食チェーン店で店長として働いています。うちの会社は実力主義で、才能があると認められれば、若くても店長になれる環境です。お店は回転率とスピード感が求められるので、店長職に就いてから要領よく作業を進める方法が考えられるようになりました。いろいろなお客様を相手にするなかでクレーム対応の能力も高くなったと思います。クレーム対応は大変ですが、お客様から感謝の言葉をかけてもらえるとやりがいを感じられるので苦ではありません。常連さんができるとなおさら、その方たちのために何とかしようと思えるのです。店長になると従業員のフォローにも入らないといけないので長時間の労働が多くなってきます。飲食業の店長は人と接すること、お客様に対してサービス精神が旺盛な人に向いている職業ではないでしょうか。
人を大事にした経営が売り上げにつながった/40代 男性
いくつかの店舗で店長を経験しています。いろいろな環境で店長職を務めた中で感じたのが、店舗経営は「人」で決まるということ。すでにオープンしていたお店を任された私は、勤務時間を見直したりシフト作成を工夫してみたりと、スタッフが働きやすい環境を意識した取り組みを進めていきました。その成果が出たのか、2年で年商がアップ。一緒に働いているスタッフを大切にすることが店舗の売上につながるのだと実感した瞬間でした。
コミュニケーションを取りながら指示を出しています/30代 男性
飲食店で店長をしています。店長は基本的にパート、アルバイトスタッフとコミュニケーションを取りながら指示を出すのがメインです。しかし、ピーク時をはじめ忙しくなる時間帯には指示を出しつつ自分も現場に出ます。ほかの社員よりも拘束時間が長くなりますが、スタッフとの雑談タイムでリフレッシュしているので環境が悪いとは感じていません。むしろコミュニケーションが取れて嬉しいなと思うくらいです。
試験の結果と上司からの評価が高くないと店長になれない/30代 男性
私が働いている職場は、マネージャーから副店長、店長となるまでに試験があります。それだけではなく、上司からも評価が高くないと店長にはなれません。このシステムのおかげか、店長をはじめ上層部には素晴らしい方が多いと感じています。店長になってから毎月定例の会議に参加するようになりました。そこではほかの店舗の店長がどんな考え方を持っているのか、どのような方法で店を切り盛りしているのかがわかります。自分の店に取り込める良い機会です。
経営者として店舗を経営できてよかった/年齢性別不明
店長になってよかったことは、経営者代行として店舗を経営できる立場を経験できたことにつきます。1店舗で数十名を管理していくので、スタッフを管理する能力も磨かれたのではないかと思いました。店長職を1度経験すれば、飲食業界のほかのお店でも働けるのではないでしょうか。飲食業界のさだめと言いますか、世間が休日の日には休めないのが玉に瑕です。若いうちに店長になれれば、長く働けるかもしれません。出世して役職が上がれば給料もよくなっていきます。
売上をクリアしたら評価がもらえました/年齢性別不明
店を担当しているマネージャーにもよりますが、店舗の売り上げ目標をクリアしていれば評価はもらえます。売上が芳しくないと、どこが悪かったのか考えたり、ダメ出しを受けたりしなければなりません。私が経営していた店は体育会系のメンバーがそろっていました。それは良い意味でも悪い意味でも影響を与えていたのではないかと思います。ですがそんな方でも礼儀や言葉遣いなどを意識していれば店長、または役職者を目指せる店舗でした。
PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。