飲食業から転職する理由をピックアップ!

飲食から転職する事由として、多いものをピックアップして解説。また、自分に合った職場選びのコツなどお伝えしています。

飲食業は若いうちから
転職する人が多い?!

最近は、どんな職種であれ、将来的なキャリアや職場環境を考えて転職をする人が増えています。中でも、飲食業は「店舗の営業」という一般の会社とは違った環境でアルバイトやパートスタッフが多いこともあり、若いうちから転職する人が多くいます。

厚生労働省で毎年行われる「雇用動向調査」によると、会社に勤めてから1~3年以内に職を離れる人は全体の15%ほど。さらに業種別に見ると、以下のような結果が出ています。

離職率が高い業種TOP3(2016年度 厚生労働省の産業別入職率・離職率調べより)

  1. 宿泊業&飲食業…30%
  2. 娯楽業&生活関連サービス…20.3%
  3. その他 サービス業…19.1%

一般企業の平均的な離職率15%に比べると、飲食業の離職率は約2倍ほど。飲食業に勤める人の約3割が、仕事をはじめて早いうちに転職をしていることがわかります。

どうして飲食業では、離職をする人が多いのでしょう?安心して就職活動をするためにも、転職した人たちの理由を見ていきましょう。

さらに業界の中でも離職率が低い飲食業界の企業としてオーイズミフーズを調査。オーイズミフーズでは人間関係などでモチベーションが低下した際は、面談でのアドバイスや所属先上司との相談を通して、環境改善を行っています。

離職率が低い会社の特徴も紹介しています。

飲食業の離職率が
低いところはある?

飲食業から転職する理由

飲食業から転職する理由として多いのが、主に次の理由です。

人間関係が難しい

飲食業に関わらず、仕事を転職する理由で最も多いのが「人間関係が上手くいかない」こと。エンジャパンの「退職理由のホンネとタテマエ」アンケートによると、退職者の25%が人間関係を理由に仕事を辞めているようです。とくに飲食店となると、店舗の運営にスタッフとのチームワークは欠かせません。

スタッフには、仕事経験のない学生アルバイトもいれば、パートの主婦、店長と同じくらいの権限を持つ料理長なども。年齢も性格もさまざまな人がいる中で全員をまとめていくのは、最初は大変かもしれません。

人間関係が上手くいっている会社の特徴のほか、事例として、全国320店舗の飲食店を営むオーイズミフーズの取り組みについても紹介しています。

飲食業の人間関係
トラブル対策

年収が上がらない

大手の上場企業などと比べると、飲食業の年収は最初はどうしても低くなります。とくに店長職がトップになる規模の小さなお店ですと、それ以上のキャリアアップは望めず、給料に不満を持つ方は少なくないかもしれません。

しかし実際には、キャリアアップができるにも関わらず、飲食業に勤めて2~3年で辞めてしまうケースも多いようです。たった2~3年では、キャリアは良くても1店舗の店長どまり。

ある程度の大きな規模の会社であれば、本来は、その先にエリアマネージャー、料理人ならエリア総料理長、本部の管理職、商品開発、人事といったさまざまなポストがあります。しっかり続けてここまでキャリアアップをすれば、決して飲食業が特別、年収が低いということはないでしょう。

年収が上がりやすい会社の特徴のほか、福利厚生が充実している飲食企業として、オーイズミフーズの取り組みについても紹介しています。

飲食業の平均年収をチェック

拘束時間が長い

飲食店では、基本的にお店を営業している時間帯=勤務時間となるので、どうしても拘束時間が長くなることがあります。お客様がお店に残っていたら営業時間を越えても営業しますし、店長に就任すれば、アルバイトの急な休みの代わりをし、閉店後に自分の仕事(売上管理など)を行うことなども。

とくに人手が不足している店舗では、休憩が取れなかったり、拘束時間が長くなる可能性が高くなります。

拘束時間が長くない会社の特徴のほか、オーイズミフーズの取り組みについても紹介しています。

拘束時間の長い飲食店を
避けるには

家族との時間が作れない

土日に休みが取れなかったり、お店の営業時間によっては、家族との時間が作りにくいことも、転職の理由のひとつになっています。

現在、日本では週休2日が一般的ですが、厚生労働省の勤労条件調査によると、飲食サービス業で「完全週休2日制」をとっている企業は約34%ほど。以前に比べると、きちんと休める飲食店も増えていますが、そもそも飲食店は年中無休で営業する形態が多いため、休日自体も、まだまだ取りづらいのが現状です。お子さんが小さいご家庭であれば、日曜日が定休の飲食店もあるので、そういったところを選ぶと良いですね。

お店の営業時間についても、居酒屋などでは深夜勤務があり、家族と生活時間が合わなくなりがち。

ただし、急な結婚や出産を除けば、家族の生活時間というのは既にわかっているものなので、それらを考慮して店舗を選ぶと良いかもしれません。

家族との時間を作れている会社の特徴のほか、オーイズミフーズの取り組みについても紹介しています。

飲食勤務で家族との時間を
作るには

実はホワイト!?飲食店でホワイトな職場の特徴

給料が安くて拘束時間が長い、人間関係が近すぎて疲れるなど、とかく飲食業界にはブラックなイメージがつきまとっています。しかし、働く人の待遇をしっかりと守る優良企業も数多く存在しているのも事実です。

社会保険を完備している、週休二日であるなど福利厚生面でのホワイトさ。人間関係が良好である、お仕事がしやすい環境であるなどのホワイトさ。どちらも大事な要因です。

ホワイトな良いお店の特徴や見分け方を調べてみたのでチェックしてみてください。

飲食店でホワイトな職場の
特徴について

飲食の仕事がつらい時は転職も考えましょう

常に味や接客の向上を求められる、飲食店でのお仕事は毎日が修行のような側面があります。

我慢することを求められがちな風潮が強い店だと、転職することを悪いことと捉えがちですが決してそんなことはありません。転職は選択肢のひとつです。

飲食業の転職とは、どんな場面で転職を考えるのか、そのきっかけと転職方法について紹介します。

飲食の仕事がつらい時の
転職について

接客でイライラしてしまった時の対処法

飲食店のお仕事に限らず、イライラしてしまう場面は世の中にたくさんあります。

しかし、飲食店のお仕事はそういったイライラの場面に遭遇する機会が、比較的多いと言えます。

「こんなお客様にイライラした。」「同僚のあの態度にイライラした。」など現場から聞こえてきた声と、みんながどう対処しているのかを調べました。

接客でイライラしてしまった時の
対処法とは

飲食業界の将来性が不安

日々新しいお店が多くオープンする一方で、閉店するお店もたくさんあります。飲食店で働いていると、飲食業界の将来性について気になることがありますよね。

しかし、食べる・飲むことは人が生きるために必要な行動であり、飲食業界自体が無くなることはありえないと言っても良いでしょう。また、外食産業の市場規模がピークだった1997年と比べてみて、そこまで市場規模が縮小しているわけでもありません。

ただし、飲食業界の将来性は安泰であっても、店単位で見た場合に安泰と言えないお店があることは事実。そこで、将来性のある飲食店の選び方についてご紹介します。

飲食業界の将来性が不安

飲食業界は出会いが少ない

飲食業界は休日が少なく、シフト制のため勤務時間も日によってバラバラ…そのような状況では出会いがないと嘆く人もいるようです。特に人手不足の職場の場合には、休みをとろうとしても現場が回らないために出勤せざるを得ない場合も多く、なかなかチャンスを作ることができません。

しかし、出会いがないと嘆く人がいる反面、しっかりとパートナーを見つけ、幸せな家庭を築いている人がいるのも事実。そこで、飲食業界で働きながら出会いのチャンスを見つけるために心がけておきたいことをまとめてみました。

飲食業界は出会いが少ない

体力が続かない

飲食業は「体力勝負」とよく言われます。慌ただしい開店準備や次々に押し寄せるお客様からの注文、大量のお皿を運ぶ作業に、閉店後に待っている片付けなど、最初から最後まで立ちっぱなしで走り回っているのも珍しいことではありません。このような状態から、「飲食業では体力が必要」「体力が続かない」とよく言われます。

確かに、飲食業はホールであっても厨房であっても、体力が必要なことは言うまでもありません。そんな飲食業界で働き続けるためには、日々の生活ではどのようなことに気をつけておくべきなのでしょうか。

体力が続かない

飲食業の離職率が高い?

「飲食業は離職率が高い」というのはよく聞く話。実際に飲食業の離職率は、一般的な企業と比較して約2倍というデータもあります。飲食業において離職をする理由としては、人間関係や会社からの評価、拘束時間、給与などに対する不満などが挙げられます。

そんな中、飲食業界で低い離職率を保っている企業も当然あります。そのような企業では、社員の離職を防ぐために独自の工夫がされていることが多いと言えるでしょう。

飲食業の離職率が高い?

飲食店で出世できる人とできない人の違い

同じ時期に入社したにも関わらず、どんどん出世をしていく人とそうではない人がいます。接客を基本とする飲食業では、人付き合いが得意な人の方が出世できる可能性が高く、逆に人付き合いが苦手な人は出世が難しい可能性があると言えるでしょう。

せっかく飲食店で働くことを決めたからには、出世したいと考えている人も多いはず。そこで、この記事ではどのような人であれば「仕事ができる」と会社から認められて出世できる可能性が出てくるのか、逆にどのような性質の人だと出世が難しいのかということについて調査してみました。飲食業界で出世したい、と考えている人はぜひ参考にしてみてください。

飲食店で出世できる人とできない人の違い

飲食業界は休日が少ない

飲食業界は休日が少ない業種と言われています。就職する前に見た募集要項を見て十分な休みが取れそうだと感じても、実際の現場では人手不足などで休むことが許されないという話もよく聞きます。そのような場合、特に責任感がある人は休みを取ることができないという状況に陥りがちです。

飲食業界は慢性的な人手不足。街を歩くとスタッフを募集している飲食店が多いことに気づくでしょう。そこで、休日が少ない飲食店で必要な心構えや、休日の取りやすい飲食店を見極めるポイントについて説明します。

飲食業界は休日が少ない

飲食店のノルマが厳しい

飲食業界でも、売上目標や自社商品の購入など、さまざまなノルマを課せられることがあります。例えば年末年始のおせちやクリスマスケーキはよく聞く話ですよね。家族や知り合いに協力を頼んでいる人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、この「ノルマ」を苦にして飲食店を離職する人が多いのも事実。中には売上が上がらないことに対して上司から激しく叱責されたり、不足分を自腹で払ったりというケースもあるようです。

目標を達成できなかった場合にペナルティが課せられるのは、法律的にも問題が生じる可能性があります。そこで、自分の身を守るためにも、どのようなノルマを課せられた場合に問題になる可能性があるのかを知っておきましょう。

飲食店のノルマが厳しい

酔っ払いの対応が大変

お酒を提供する飲食店には、酔っ払いは必ずいるものです。しかし、この酔っ払いへの対応に苦慮している人も少なくありません。大声を出して騒ぐ、店員に絡む、泥酔して吐いてしまうなど、他のお客様に迷惑をかけてしまう可能性もあるため、お店側としては何らかの対応をせざるをえません。

酔っ払いに対する対処方法の基本や、酔っ払いを取り締まるための法律についてもご紹介していきますので、こういったケースで苦労している人はぜひ参考にしてみてください。

酔っ払いの対応が大変

カスハラにうんざり

近年テレビやインターネットなどのニュースでよく目にする「カスハラ(カスタマーハラスメント)」。これは、客からの理不尽な要求をともなう迷惑行為のこと。悪質なケースではスタッフに対して暴言を吐くだけにとどまらず、暴力行為にまで発展することもあります。また、偽名で予約を行って無断キャンセルをするなど、お店にとって金銭的な被害が発生するケースも。

こういった客への対応を迫られた時、スタッフとしては非常に辛い思いをすることになるため、離職を考えてしまう人も数多くいます。

そこで、カスハラにはどんなものがあるのか、そして店側ではどんな対策ができるのかをご紹介します。

カスハラにうんざり

パワハラが多い

近年、職場環境で問題となっている「パワーハラスメント(パワハラ)」。上司から暴言を吐かれる、ミスを必要以上に責められる、休暇を認めない、休日出勤を強要するなど、パワハラに該当する可能性のあるものは多岐に渡ります。

パワハラの基準として覚えておきたいのが、「受けた側が苦痛を感じたら、それはパワハラに該当する可能性がある」という点。相手は冗談だと思っていても、実は苦痛を感じていてパワハラだと認定される可能性もあります。

世間一般のイメージとして、飲食業はパワハラが多いと言われることの多い業界です。飲食業界におけるパワハラはどんなものが考えられるのか、そしてパワハラを受けていると感じた場合にはどのように対処すべきなのかをご紹介します。さらに、パワハラが原因で転職を考える際には、どのようなポイントで転職先を探すべきなのかを考えてみましょう。

飲食店のパワハラ問題とは

ブラックな職場環境

「飲食業界はブラックが多い」という話を耳にしたことはあるでしょうか。勤務時間が長い、拘束時間が長い割に給料が安い、パワハラが多いなど、飲食業界がブラックと言われる理由はさまざまなものが考えられます。実際にそういった職場に出会ってしまった場合、過酷な労働環境に耐えられず、転職を考えてしまう人は少なくありません。

飲食業界がここまで「ブラック」と言われてしまうのはなぜなのかを考えると、慢性的な人手不足や客の入り具合によって忙しさが変わるなど、さまざまな要因が挙げられます。そこで、飲食店で働く中でブラックだと感じた場合、どのように対処すべきなのかをご紹介していきます。

飲食店がブラックと言われる理由

どんな業界でも、従業員が悩みを抱えて鬱病に追い込まれてしまうことがあります。もちろん飲食業界も例外ではなく、あまりの忙しさや職場の人間関係、ノルマのきつさなどが原因で鬱病を発症し、出勤が難しくなるケースもあるようです。

休日が取りにくい、休日出勤が多い、人手不足で身体が休まる時間がないなど、鬱病に追い込まれてしまう原因は色々と考えられますが、せっかく一度就職した職場ですから、できることなら長く勤めたいものです。どんな人が鬱病になりやすい傾向があるのか、そして自分が鬱病かもしれないと感じた時にどんな対応をしたら良いのかを知っておきましょう。

飲食業は鬱病になるケースが多い?

仕事がつまらない

職場を変える理由として「飲食店の仕事はつまらないから」という人がいます。しかし、「つまらない」という気持ちの裏には、どうして仕事がつまらないと感じてしまったのかという理由が隠れているはず。例えば、やりたいと思っていた仕事ができない、毎日単調な作業ばかりで刺激がない、また人間関係に面白みを感じないなど、なぜ「つまらない」と感じてしまったのかという理由を突き詰めて考えてみることが重要です。

飲食店での仕事がつまらないと感じてしまった場合にはどんなことを考えるべきなのか、また、転職することを決めた時には、次の職場でも「つまらない」と感じないためにもどのような対策を取るべきなのかをしっかりと考えてみましょう。

飲食店の仕事はつまらない?

転勤が多い

飲食業界でも、特に広くにチェーン展開をしている企業の場合には、転勤は避けて通れないことが多いと言われています。この転勤があまりにも頻繁に起こってしまうと、引っ越し作業が負担になったり、結婚している人は単身赴任をせざるを得なかったりと、さまざまな問題が生じてきます。場合によっては、転勤のない企業への転職を考えることもあるでしょう。

転勤はしたくはないが飲食業界で働きたいという方もいるはずですが、他の飲食店に転職しても、同じように転勤がある企業だったら転職した意味がありませんよね。そこで、転勤が多い飲食業界で転職を考える場合、どんなところをポイントとして新しい勤め先を探すのが良いのかを考えてみることにします。

転勤のメリットとデメリット

スキルアップしたい

飲食業界に限ったことではありませんが、転職理由として「スキルアップのために転職をする」という意見をよく耳にします。飲食店で働く上では、ホールスタッフやキッチンスタッフなど、担当部署ごとにスキルがあり、それぞれ求められるものが異なります。そのため、自分が今後どのように成長したいのか、そのためにはどのようなスキルを身につけるべきなのかを考えることが必要です。

まず、飲食店で働く上で職種別に求められるスキルについて考えてみましょう。そして、目標とするスキルを身につけるために転職するのであれば、どのようなところにポイントをおいて転職すべきなのかを検討することが重要です。飲食業界で働き続けることを見据えたスキルアップを考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

転職してスキルアップ

長く仕事を続けるためには、企業選びも大事!

一日の拘束時間が長かったり、休みがない、給料が上がらない、などの問題を事前に回避するには、就職する以前の企業選びが大切です。

飲食店によって、営業時間、休日の日数、キャリアアップのシステムなどはさまざま。まずは自分にとって一番重要なことが、給料なのか、飲食店の内容(ジャンル)なのか、それとも家族との時間なのか、改めて考えてみると良いかもしれません。

給料重視の方でしたら、大手企業の飲食店でコツコツとキャリアを重ねて行けば、しっかりと年収も上がっていきます。企業を選ぶ際は、固定残業代の有無なども含めて、そういった細かな点までチェックすると、自分に合う職場が見つけやすくなるでしょう。

出典元:厚生労働省「平成28年雇用動向調査結果の概況」(PDF)

PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。