仕事がつまらない

「つまらないから」という理由で飲食の仕事を離れる場も人がいます。転職を成功に繋げるためにも、なぜこの仕事をつまらないと感じてしまうのかを分析してみましょう。

なぜ、「飲食店はつまらない」と感じるのか

飲食店で仕事をする中で、「つまらない」から転職したいと考えることがあるかもしれません。でも、転職をする前に、なぜその仕事がつまらないと感じてしまうのかを考えてみることも大切です。

同じ作業の繰り返し

まず、飲食店の仕事がつまらないと感じる理由として、「同じ作業の繰り返しだから」という人がいます。同じ作業の繰り返しばかりで、明日も同じ作業をすると思うと気が滅入ってしまう…というケースです。

ホール作業であればオーダーをとってお客様に料理を運んで、皿が空いたら下げて…という作業を毎日行っていますし、キッチンでも、毎日同じメニューを作っている、皿洗いばかりやらされているなど、さまざまなケースが考えられるでしょう。

思っていた仕事内容と違う

自分が就職するときにやりたいと考えていた仕事と全く関係のない仕事を担当することになり、その仕事内容にも興味が持てないと感じている場合に「つまらない」と感じてしまうケースは非常に多いです。

どんな仕事も将来の糧になる、と考えられればつまらないと感じることも少なくなるはずですが、なかなか前向きに考えるのも難しい状況の場合もあります。

忙しすぎて自分の時間が持てない

飲食店に勤める人から「忙しすぎる」という声をよく聞きます。拘束時間が長い上に、休日出勤も多い状況では全く自分の時間が取れないことも。

このような状況だと、それまで持っていた趣味にも時間をかけられず、生活そのものが仕事一色になってしまうことで「つまらない」と感じる場合もあるのではないでしょうか。

人間関係

人間関係に対する不満が原因で「つまらない」と感じるケースもあります。例えば、上司や同僚とそりが合わず、あまり職場での会話がないために日々の仕事がつまらないと感じる場合もあるでしょうし、忙しい飲食店に勤務している場合には自分の時間があまり持てないために出会いもない、ということも。

パワハラが横行しているような職場であれば別の問題になりますが、それ以外部分で人間関係に不満を感じるケースも多いようです。

「飲食店はつまらない」という理由での転職はあり?

「飲食業はつまらない」という理由で転職するのはありなのか考えてみましょう。

「つまらない」は実際の転職理由としては多い傾向がある

転職理由として「新しい仕事にチャレンジしたいから」と言っている人でも、実は前にいた職場がつまらなかったという人は多いものです。

では、つまらないと感じるようになった理由は何なのでしょうか。「自分のやりたい仕事が全くできない」「人間関係に不満がある」「自分の時間がとれない」など、そこに自分の正直な気持ちが隠れているはずです。

惰性で働いていても何も学べない

「つまらない」と感じながら働くのは、自分にとっても職場にとってもあまり良いことではありません。

このような状態で働いていても、その仕事から何かを学ぼうという気持ちはなかなか湧かず、自分の成長に繋がりません。今の仕事をつまらないと感じ、そこにやる気を見出せないのであれば、思い切って他の職場に移ることを考えるのも一つの手と考えられるでしょう。

幸せな生活を得るために動くのもあり

つまらないと感じながら嫌々仕事をしている状態は、「幸せ」とは言えません。人生は一回きりですから、幸せを追求したいというのは当たり前。やりがいを感じられる仕事を見つけて、生き生きと働くほうが今後の幸せに繋がる可能性が高いはずです。思い切って新しい環境に飛び出すのもありでしょう。

ただ、同じ仕事でも面白みを感じている人がいるのも事実

しかし、同じ仕事を楽しんでいる人がいるのも事実です。そのため、思い切って転職をする場合には、「どうしてこの仕事がつまらないと感じるのか」をしっかり分析することが必要。単につまらないから、と適当に新しい職場を探しても同じことの繰り返しになるばかりです。 他の職場で「つまらない」と感じないためには、どのようなところに気を付ければ良いのでしょうか。

転職する時に心掛けたいこと

しっかりと自分の時間が取れる職場を探す

まずは、生きていく上では仕事だけではなく、自分の時間を大切することも必要。そのため、従業員のワークライフバランスを大切にしている職場を選ぶことがポイントとなってくるでしょう。

ステップアップできる環境が揃っている職場を探す

また、仕事内容に不満を感じている人にオススメなのが、将来ステップアップできる環境が整っている企業を選ぶこと。例えば研修制度がしっかりしていたり、年次によって目指せる役職がはっきりと明示されていたりするところ。そういった環境の中で、しっかりと目標を立てることによって日々の仕事に張りが出てくるはずです。

可能であれば、お店の雰囲気を確かめておく

可能であれば、転職する前に気になっているお店の雰囲気を確かめておくことも有効です。手っ取り早いのが、お客としてその飲食店に足を運ぶこと。お店の裏側までは見られないものの、スタッフの働きぶりなどを見ることで、ある程度の雰囲気はわかるかもしれません。スタッフが楽しそうに仕事をしている飲食店であれば、それだけ期待が持てるというものです。

「つまらない」と感じる裏にあるものを考えてみよう

飲食店が「つまらない」と感じて転職を考えるケースについて考えてみました。飲食店の仕事がつまらないと感じる人がいる一方、同じ仕事に面白みを感じている人もいます。同じことの繰り返しにならないためにも、なぜつまらないと感じてしまうのか、しっかり分析をした上で転職するようにするのが大切です。

同業種に転職するメリットを紹介
現役スタッフへインタビューもしてきました!

PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。