飲食業界に向いてない

飲食業界に「向いていない」と考えて離職してしまうケースがあります。なぜそう感じてしまうのでしょうか? その理由と解決方法について考えてみましょう。

飲食業界が向いていないと感じてしまう理由

飲食業界は自分には向いていない、と感じてしまう理由には、下記のようなものがあります。

接客が苦手

多く聞かれるのが「自分は接客が苦手だから飲食業は向いていない」と考えてしまうパターン。特にホールに配属された場合には、お客さまとのコミュニケーションを避けては通れません。人と話すことが苦手な場合には、接客の業務は苦痛に感じてしまうでしょう。

臨機応変に対応ができない

飲食店にはさまざまな人が訪れます。大人もいれば子どももいますし、中には気難しい人もいます。飲食業で接客をする場合には、どんなお客さまにも臨機応変な対応が求められますし、お客さまからさまざまな要望をいただくこともあります。そんな時に柔軟に対応できないことが続くと、飲食業界は自分に向いていない、と感じるかもしれません。

調理がうまくならない

キッチンに配属された場合、料理がもともと好きだったり、徐々に調理に慣れていければ問題ないのですが、中にはどうしても慣れない、何度やってもうまくならないと感じる人もいます。また、盛り付けがどうしても下手で美味しそうに見えないなど、特定の技術に関する悩みから向いていないと考えてしまうこともあるでしょう。

段取りが下手

飲食店は忙しい時間帯と忙しくない時間帯に分かれます。特に忙しい時間帯は、仕事を効率よく進めるために段取りが大切。 飲食店の場合、メニューや価格が頭に入っていれば、仕事はスムーズにこなせます。しかし、いつまでも覚えられない場合には、さまざまな仕事の段取りに手間取ってしまうことも。上手く仕事が回せないと、精神的な余裕も持てなくなってしまいます

体力がなくて辛い

ホールにしてもキッチンにしても、立ちっぱなしの場合が多いため、飲食店は体力が必要な仕事です。普段から運動をしていて体力に自信があれば良いのですが、運動をする習慣がない人は辛く感じてしまうかもしれません

飲食業が向いていないと感じた時の対策は?

飲食業が向いてないと感じた場合にはどうしたら良いのでしょうか。その対策方法をご紹介します。

人と話すことに慣れる

接客が苦手だと感じている場合には「コミュニケーション能力は、一朝一夕で身につくものではない」と焦る気持ちを抑えましょう。その上で少しずつ慣れていくしかありません。

コミュニケーション能力を伸ばすためにできることの一つが「人の真似をする」こと。どんな職場にも、「人とコミュニケーションをとるのがうまい」と感じる人がいるものです。その人を観察して、盗めるところは盗んでいきましょう。お客さまにどんな対応をしているのか、どうやって話しやすい雰囲気を作っているのかを見て実践していけば、少しずつ接客への苦手意識が薄れていくはずです。

お客さまに喜ばれたことを思い出そう

これまで飲食業界で働いてきた中で、お客さまに喜んでもらえたことは何度もあるはず。飲食業が向いていないと感じた時には、お客さまに感謝された時を思い出してみるのもいい方法です。特に接客をしている人にとっては、お客さまの感謝の言葉や笑顔が、仕事の原動力になる場合も多いものです。

先輩や同期とコミュニケーションをとる

同じ職場や同じ飲食業界で働く先輩や同期と話をしてみるのも良いでしょう。なぜ自分は向いていないと感じているのかを話したり、他の人はどうやって悩みを乗り越えたのかという話を聞いたりアドバイスをもらうことで、それまでとは異なる視点が生まれる場合も。特に、思い悩んでいる時ほど視野が狭くなっているものです。そうしたやり取りを通して、飲食業界で働く楽しさを改めて見出すこともできるかもしれません

筋トレや簡単な運動をして、体力をつける

体力がなく、飲食店で働くことが辛いなら、体力をつけましょう。おそらく、働いているうちに徐々に体力もついて苦痛に感じなくなっていくはずですが、運動は仕事面だけではなく健康面でもメリットが多いもの。ただし、運動の習慣がない人が急に激しい運動を始めるのは逆効果になる場合もあるので、自分の体力を考えて、できる範囲でスタートしましょう。

「飲食業に向いてない」と感じないために

飲食業で働く場合、向いていないと感じることはできる限り避けたいものですよね。そのためにチェックしておきたいポイントは下記の通りです。

社内研修制度がしっかりしている企業を選ぼう

まず挙げられるのが「社内研修制度がしっかり整えられている企業を選ぶ」こと。

例えば、大手飲食企業のオーイズミフーズは社員への研修が充実しています。店舗で働くためのベースをしっかり作る新入社員研修から、店舗に配属された後にも、働く中で出てくる悩みや不安など解消するためのフォローアップ研修を用意。さらに各階層別研修など、さまざまな研修で従業員のフォローを行っているそうです。

社内に相談できる場所はあるか?確認を

退職したいほど「向いていない」と感じてしまった場合には、他の人への相談が悩みの突破口となる場合もあります。そんな時、相談できそうな場所があるかどうかも大切。

もちろん、上司や身近な先輩、同期などに相談するのも良いでしょうし、企業によっては「社員相談室」のような、従業員がどんな悩みでも相談できるような場所を設けているところもあります。

向いていないと感じたら、その理由を考えてみよう

毎日さまざまなお客さまが訪れる飲食店で働く中で「自分は向いていない」と感じることもあるかもしれません。そんな時には、どうしてそう感じてしまうのか原因を考えてみましょう。そうすれば、自ずと解決方法も見えてくるはず。この記事で紹介した方法を参考に、飲食店で働く楽しさを思い出してみてくださいね

同業種に転職するメリットを紹介
現役スタッフへインタビューもしてきました!

PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。