経営企画

飲食業界で働く経営企画スタッフの仕事内容、必要なスキル、活かせる経験 、身に付くこと、平均給与、求人募集の未経験採用などについて紹介します。

飲食業界での経営企画スタッフの仕事内容

経営企画の仕事とは会社の経営についてかじを取ることです。小さい会社や個人経営の店では社長が自ら行いますが、会社が大きくなってくると経営企画をする組織が必要となります。飲食業界でも他の業界でも仕事の内容はほとんど変わりません。

経営企画の仕事には経営計画、経営管理、経営会議運営、社内ルールの策定と実施、企画の立案と実行があります。経営計画では人材データ、営業データ、競合企業データなどを揃えて分析し利益計画や予算などをまとめて経営計画を立て進捗を管理します。

会社の経営陣が集まって経営について話し合う経営会議では資料の用意、議事録作成、プレゼンテーション、会議の進行などを行います。

社内ルールの策定と実施では法令に沿った経営ができるように社内ルールをつくって関係部署に指導し実施状況についても調査します。企画の立案と実行ではビジネスモデルの再構築、コスト削減、新規事業立ち上げ、業務や事業提携、会社の吸収・合併(M&A)などを行います。

新規事業を立ち上げる時には、マーケティング、ブランディング、関連部署の立ち上げなどの業務を行い、M&A時には買収交渉、買収後の組織統合、新たなビジネスモデルの構築など行います。上場企業であれば株主総会運営、投資勧誘活動なども経営企画の仕事です。

必要なスキル

経営企画に特に必要な資格はありませんが、全くの未経験から挑戦できる仕事ではありません。企業の経営を企画するためには、マーケティングや経済の知識、分析力、論理的思考力、洞察力が必要となるので、以前に経営企画の経験がないと難しいでしょう。

さらに全社に説明できるコミュニケーション力や経営陣へのプレゼンテーション能力も必須となり、企業人としてのハイスキルとハイパフォーマンスが要求されるポストです。

経営企画は会社の経営を担う重要なポジションです。そのため会社の経営が傾かないように、売上の把握や人員の調整など、常にデータを数値化することが必須。数値を出すだけではなく、そこから何が課題なのか読み取る力も必要です。

そこから会社の将来像を明確にし、常に先を見通す力や、売上が低迷した際には何が原因なのかを分析、それを解決できる発想力も求められます。

会社全体を把握するためには、机上の理論だけでは足りません。現場にいる人に声をかけ、現場の意見を直に吸い上げるコミュニケーション力と行動力も求められます。

データの数値化だけなら、数字に強い人に向いているといえるでしょう。しかし、現場に足を運び、そこから情報を得るコミュニケーションスキルも求められます。

活かせる経験

業種を問わず前職で経営企画の仕事をしていた場合の経験を全て活かすことができます。経営企画への仕事は実務経験や実績が重視されますが、公認会計士、中小企業診断士などの資格、MBA(経営学修士)などの学位を取得していると優遇されます。

これらを持っていなくても仕事をしていく上で必要な知識を習得できるので働きながら取得することも可能です。

統計学や会計学といった専門知識について学んだ経験があれば、前職で経営企画に関わっていなかったとしてもアピールポイントになります。また、市場を把握するマーケッターとしての視点も大事。マーケティングの知識も転職に活かせます。大学で経営学部や社会学部、理学部などを学んでいた人は有利かもしれません。

また、地道にコツコツとデータを収集するのも経営企画の仕事のうち。根気強く結果を追い求めたような経験も活かせるでしょう。

そのほか、会社の買収交渉にも関わるため対人関係を有利に進めるスキルやコミュニケーション能力も役立ちます。専門知識に加えて、幅広い知識や経験が活かせるのが経営企画の仕事です。

身に付くこと、
キャリアステップ

経営企画の仕事の中心となるのは経営計画の策定と管理ですが業務にはデータ分析が不可欠です。会計学や統計学について学びながらデータ分析力を身につけることができます。またデータを整理・分析して課題や解決策を抽出したりすることで論理的思考も身に付いていきます。

事業部との調整、施策を実行に移すことでコミュニケーション力があがり経営会議でプレゼンテーション力も身につきます。キャリアステップとして経営企画の仕事の最初の目標はマネージャーです。30代でマネージャー、40代で部長や執行役員となり、取締役、社長という経営陣にまで上りつめる人もいます。

平均給与

経営企画の仕事の給与は、年齢や勤続年数、勤める会社の規模などにより大きく変動。そのため、400万円から1500万円と給与相場には幅があります。場合によっては、さらに高い給与をもらえるケースもあるため、転職によって給与アップを狙いやすい仕事と言えそうです。特にヘッドハンティングによる引き抜きの場合には、ぐんと給料がアップすると言います。

しかし、平均額は約530万円と、いわゆるビジネスマンと大きく差はありません。

en転職によると、年齢ごとの平均給与は以下のようになっています。

  • 20代前半 419万円
  • 20代後半 475万円
  • 30代 637万円
  • 40代以上 774万円

経験を積んでいけば行くほど、平均年収は上がっていきます。キャリアパスをしっかり考えて、経験と実務を積み重ねていくのが、賢い選択と言えそうです。大企業に勤めると、それだけ対価も大きくなりますが、小さな会社を大きくしていく経験も、変えがたいものになるでしょう。会社の経営に深く関わるので、責任ある仕事をしたいと考えているなら、目指してみるべき仕事かもしれません。

参考サイト

未経験の採用

経営企画の仕事は企業の経営に密接に関係する仕事であり、新規事業開発、業務・事業提携やM&Aなど重要な仕事を行うポストです。そのため職務経験があり、ある程度以上の能力を持った人が採用され、未経験で採用されるということがほぼないというだけでなく、募集もほとんどありません。

飲食業界の場合は店長から本部スタッフとして経営企画になることも稀にあります。

採用担当者が教える!
面接に受かるコツを見る

当仕事経験者からの口コミ

グローバル戦略への挑戦/年齢不詳 男性
提供しているサービスの品質を一定に保てるかが成功のカギでした。また、グローバルに展開することはリスクもありましたが、市場が広がるメリットももちろんありましたね。これまでの業態で培ったノウハウには自信があったので、あきらめずに市場の開拓を乗り切れたと思います。サービスの広がりは、お客様に豊かさを与えることにもつながります。マーケットの変化に対応しながら、社会貢献もしていきたいです。
徹底的に現状を分析/年齢不詳 男性
最初に行ったのは、会社の現状を徹底的に分析することでした。すると、経営に関する課題が見えてきたのです。分かったのは自社のブランド力の低迷でした。ブランディングに力を入れることにしましたが、たんに広告を打つだけでは足りません。働く人々の意識改革、商品やサービス、各店舗の経営などあらゆる角度からブランド力を高める必要がありました。会社全体を巻き込んだ改革です。何度も議論を重ね数年かけて、ブランドの再構築に成功しました。
現場で働く人のことを考えた経営/40代 男性
会社をよりよくするために、いろいろなことにチャレンジしました。なかでも重点的に行ったのが社員の意識や働く環境を変えること。まず、会社の体系を再構築し、各部門でのプロフェッショナルを目指してもらうことにしました。次に、労働時間に制限を設け、休暇が取りやすい制度を取り入れて実施。そのような施策のおかげで、働く人たちの生産性が高まり、業績アップとなりました。自分の意思をもって働いているんだと思ってもらえたおかげで、強い企業へ成長できたと思います。
他社とどうすれば差別化がはかれるかを常に考える/60代 男性
日本国内においては、人口減少がすすみ市場の縮小が懸念されています。それでも、業界全体で盛り上げれば需要が高まり、業績は延ばせるのです。その中で各社が切磋琢磨し、新しい商品が生まれていく。大事なのは、激しい競争の中で独自の価値を見つけることだと思います。もちろん、国内だけでなく国外も視野に入れておくことがこれからは大事。ハードルは高いですが、それをどう克服していくかも、腕の見せ所だと思います。
人が減っていくなら何度も来てもらうしかない/50代 男性
人口減少が叫ばれている昨今、私たちの会社にとって大事なのは何度も足を運んでくれるお客さまを作ること。これは、経済状況や市場規模などのデータから導き出したものです。もともとシニア層がターゲットでしたが、現在は小中学生をメインにしています。幼いころから何度も足を運んでもらうことで、業界の成長を促進させるのが狙いです。何度も来た人は、そのうち周りの人を誘って来店してくれるようになります。眼前の課題の解決には、ときに長期的な戦略が必要なのです。
初心者の頃の気持ちを忘れずに/20代 男性
これまで食品を扱ったこともなければ、営業にも行ったことがないという全くの未経験から始めました。何から始めれば良いのかわからなかったので、最初は本部からの指示を忠実に守りながら経営を進めていた事を覚えています。この経験は、経営者になった今も忘れません。今も従業員と一緒に弁当の配達に出たり、飲食店の店舗スタッフとして現場を手伝ったりしています。現場の最前線に立つことが重要ですね。自分が「人の役に立っている」と実感したときにやりがいを感じます。
経営者初挑戦の私でもスムーズに/40代 女性
私は将来、自分が飲食店を経営するなんて思ってもみませんでした。ですが、本社の方が未経験の私でもスムーズに経営できる体制を整えてくれたので、経営者としての一歩を踏み出せたと感じています。現在は店舗をよりよくしていくため、防火防災管理者の取得をはじめ、経営をする際に取っておくと良いと進められた資格の取得を目指す毎日。経営が初めてでも、本社とお店のメンバーとの信頼関係ができていれば経営できるのだと感じています。
手探り状態の開店から常連客がつくまでになりました/40代 女性
開店して10年になる、海鮮丼が売りの飲食店でオーナーをしています。そのころは今と同じような経営方法を取っているお店が少なかったので、ネタの大きさ決めや値段決めなどに苦労しました。手探り状態から始まって今に至ります。天気の悪い日はお客さんの入りが少ないので逆に疲れます。ひっきりなしにお客さんが来てくれる方が元気です。10年間経営を続けてきたおかげか、今では毎週通ってくれる常連さんが増えました。ひいきにしてくれる常連さんはお店の命ともいうべき存在。これからも大切にしていきたいですね。
店舗経営は自分の力をためすきっかけでした/40代 男性
「独立して、自分の力を試してみよう」と思ったのが店舗経営を始めるきっかけでした。もちろん、飲食業界は全くの未経験。それでも今日まで、地域密着型の経営を続けてきました。お客さんが足を止めて買いに来てくれる料理は何だろう?といろいろ調べているうちにたどり着いたのが唐揚げです。流行に左右されず、季節需要による差もほとんどありません。会社はマニュアルを送ってきてくれますが、基本的にはオーナー独自の色を押し出せます。「これはどうだろう?」といろいろなアイデアを試せるのが経営者の醍醐味ですね。
関わったお客様が幸せになれる店舗経営を目指して/40代 男性
お客様が幸せになれるビジネスがしたいと思い、始めたのが飲食業の経営者です。前職は朝早くに出勤して深夜に帰宅するのがあたりまえでした。今は家族との時間も多く取れるようになり、ホッとしています。今の仕事をするようになってから、お客様からの「ありがとう」という感謝の言葉が直接伝わりやすくなりました。リピート率も高く、おかげさまで事業拡大のための移転も計画できるように。これからもお客様からの感謝を胸に経営を続けていきます。
エリアを熟知したうえでの戦略のおかげで行列店に/30代 男性
コンビニのオーナーから、海鮮丼を扱う店舗のオーナーに転職しました。コンビニを取り巻く経営環境の変化がきっかけです。今の店舗は以前勤めていた店舗の近く。このエリアは前から「中食需要が高い」というのは分かっていたので、私の大好物である海鮮丼を売りにした商売を始めようと思い立ちました。その読みがあたったのか、今では平日でも行列ができるほどの人気に。社長にも応援に来てもらえるほど大繁盛の店になりました。最初は包丁の持ち方も知らなかった私ですが、こんな私を励まして育ててくれた皆さんのおかげだと思っています。
PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。