ホール

飲食業界で働くホールスタッフの仕事内容、必要なスキル、活かせる経験 、身に付くこと、平均給与、求人募集の未経験採用などについて紹介します。

 ホールスタッフの仕事内容

レストラン、カフェ、居酒屋などのホールスタッフの仕事は主にお客様の注文オーダーをとり、できあがった料理や飲み物を運ぶことですが、最初に覚えなくてはならないのはテーブル番号の暗記、注文のとり方、伝票の書き方です。

その他の仕事としてはお勘定時のレジ業務、店内の掃除、食器洗い、備品や食材のチェックと補充(注文)を行うこともあります。

お客様の中には料理の味よりも、ホールスタッフとの会話や店内の雰囲気を気に入っていらっしゃる方もいるので、身だしなみや言葉遣いに気をつけながらお店の雰囲気づくりや感じの良い接客ができることが重要です。料理について質問されることも多いのでメニューをしっかり把握し、料理や素材についての質問に的確に答えられるようにしておく必要もあります。常に周囲やお客様の様子に気を配り、何か言われる前に自分から積極的に話しかけたりするという観察力も要求されます。

また、とんでもない無茶なことやわがままを言うお客様、酔ってからむお客様など色々な方がいらっしゃるので、臨機応変に対応できる能力も必要です。 品位のあるお店では、普段ふれ合うことのできないようなお客様の接客ができたりするので勉強になることも多いです。

先輩などから色々教えてもらいますが、教わったことは2度聞くことのないようしっかりと身につけ、必要なことは手帳などに書き込むなどして、できるだけ早く一人前に働けるようになるという前向きな姿勢が必要です。 最初はアルバイトやパートで入った人でも頑張って社員に登用されるというケースも多いので、未経験だから無理と思わず、まずはアルバイトやパートで働いてみることをおすすめします。

必要なスキル

ホールスタッフになるために特に必要なスキルや資格はないので、未経験であってもチャレンジしやすい仕事です。以前に接客業や飲食店で働いた経験があれば、採用されやすいだけでなく、その経験を仕事に活かすことができます。お客様相手の仕事なので清潔感のある服装で常に笑顔を絶やさず、常にお客様の希望していることについて考え、気持ちの良い接客ができることが必要です。

店の売上をあげるためにはどうしたらよいのか考えて、お客様に料理をおすすめすることも重要です。店で働く他のスタッフとの連携が大事なので、円滑な人間関係を築けるコミュニケーション能力も要求されます。

お店によっては、ホールでの仕事以外にドリンクの補充や清掃、デザートの飾りつけなどを担当することがあります。そのため、オーダーを取りながらこまごまとした仕事をこなすスキルも求められるでしょう。臨機応変に対応できる柔軟さを活かせる仕事です。コミュニケーション能力を活かして、スタッフ同士助け合う場面も出てくるでしょう。

お客様が欲していることを先回りして察知するスキルがあると、仕事がスムーズに進みます。回りの状況を良く見て、タイミングよくオーダーを取りにいったりグラスの水を補充したりすることで、気持ちのいいお店と思ってもらえるでしょう。

また、食事や飲み物に関する資格を持っていると採用に有利に働きます。ワインソムリエの資格を持っていれば、イタリアンレストランで働くのに役立つでしょう。近年は野菜ソムリエやお米マイスターといった資格も。どのようなお店に勤めるかで資格の活かし方は変わってきますが、食に興味があれば取得しておいてもいいかもしれません。

活かせる経験

ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)」のコミュニケーション力が飲食店のホールスタッフには特に重要です。

以前に飲食店や接客業で働いていた経験があって、その時に身につけたお客様や他のスタッフと円滑にコミュニケーションできる能力、相手が希望することを先読みできるような洞察力があれば別の店でも活かすことができます。

コミュニケーション力があると顧客満足度があがり、さらにスタッフの持つ個性的なキャラクターで魅力的なコミュニケーションができれば、その人を目当てに来店する常連客も増えて店の業績もあがります。

チームで何かをいっていた経験がある人は、ホールスタッフに向いているかもしれません。お店の状況は刻一刻と変化。その時々で適切な判断を下しながら、一緒に働いているスタッフを配置して対応していくのは、チームスポーツに似ています。同様に、チームでプロジェクトにあたっていた経験も活かせるでしょう。混雑しているときやちょっと困ったお客様が来たときほど、チームでどう動くのか、報連相を素早く行えるかといったスキルが求められます。

お店によりますが、ホールは意外にも力仕事です。何人分もの料理を運んだり大量のお皿を下げたりします。体力に自信がある、バランス感覚が良いという人にも向いているでしょう。勤めながらそうした感覚は磨いていけますが、もともと備わっているのだとすれば良いアピールポイントにもなります。

身に付くこと、
キャリアステップ

ホールスタッフは接客業なので、相手が何を必要としているのか?何をしてほしいのか?ということを理解し、言われる前に行動するという観察力や洞察力が身につきます。また仕事をチームでこなす必要があるので、仕事を続けていくうちにだんだん円滑にコミュニケーションできるようになり、コミュニケーション力があがってきます。

飲食店のホールスタッフをして経験を積んで副店長や店長にキャリアアップするケースも多く、そのタイミングでアルバイトやパートから正社員になる人も多いです。また接客に必要なコミュニケーション力、経営や運営のノウハウを覚えて独立して開業する人もいます。

接客で身につけたコミュニケーション能力は飲食店以外でも役に立つので異業種に転職することも可能です。

平均給与

全ての年代をまとめてみると、平均給与は約20万円となっています。シフト制や深夜勤務などがあるため、時給も少し高めの設定です。平均は20万円ですが、働き方によっては40万円以上を稼いでいる人もいます。アルバイトとして始めやすい職業のため、10代後半から60代までと幅広い年齢の人が働いているのが特徴です。

年齢別の平均年収は以下のようになっています。

  • 20代前半:279万円
  • 20代後半:302万円
  • 30代:330万円
  • 40代以上:353万円

見て分かる通り、年齢があがるにつれて上昇傾向にあります。経験を積んでいくと、スタッフの教育係やホール責任者といったポジションを任されることもあるようです。年収が年齢に比例してあがっていくのは、そうした理由からでしょう。

ちなみに、アルバイトの時給でみると東京の平均が1,072円、大阪が974円となっています。24時間営業のファミリーレストランであれば、深夜勤務にすることでさらに時給アップが狙えるはずです。

参考サイト

未経験の採用

飲食店のホールスタッフは他の仕事に比べ未経験でもチャレンジしやすい仕事です。最初のうちは先輩スタッフのようにスムーズに仕事をこなすのは難しいですが、仕事をしていくうちにテキパキと仕事をこなせるようになります。

「はたらこねっと」に2005年に掲載された案件によると未経験OK比率は90%となっています。

採用担当者が教える!
面接に受かるコツを見る

当仕事経験者からの口コミ

忙しくて余裕がなくなることもある/ 女性
ホールで働いていると、忙しくて心が折れそうになることもあります。でも、他のスタッフと声かけ合いながら連携取って笑顔で働くことを意識。私が楽しく働くことで、お客さんにも楽しそうだと思って欲しいし、そう思ってもらえると嬉しいなって思います。
自分の力でお店を回す経験ができました/20代女性
パスタのお店のホールをしていました。最初は料理を出すだけでしたが、少しずついろんな仕事を覚えていきました。ランチの時間はめちゃ混みでしたが、いっぱいのお客さんをどんどん捌いていくのは楽しかったです。笑顔で接客するのを心掛けたおかげか、常連さんもできました。多くても2人でホールを担当していたので、どうすれば自分の力で上手くお店を回せるかという経験も積めたと思います。
チェーン店はマニュアルがあるので仕事が覚えやすい/30代男性
仕事を覚えるのは大変かと思いましたが、チェーン店だったのでマニュアルがしっかり作られていて、そこまで苦労しませんでした。自分が働いていたところは完全分業だったので、ホール以外の仕事の必要もなかったです。大変だったのは、酔ったお客様が吐いてしまうこと。最初は辛かったですが徐々に慣れました。あと、はしゃぎまわる子どもさんも困りましたね。角が立たないように注意するポイントは、先輩社員に聞いておくといいかもしれません。
忙しい=充実感/20代男性
いろいろなお店で働いてみましたが、忙しいお店ほど充実感を感じることが多かったです。休日になると溢れるくらいのお客さんが来て大変でしたが、笑顔で頑張ることをモットーに働いていました。帰り際に、また来るねと言ってもらえるのは本当にうれしかったです。また、同じ店で働くスタッフや社員、取引先の人たちなどいろんな人と出会える機会も多くあり、恵まれているなと感じました。
外国人のお客さんが多いお店でした/20代女性
オフィス街にあり、外国人の多いお店でした。働き始めはとても苦労したのですが、半年ほどで会話ができるように…!アルバイトしていて英会話が身につくとは思ってなくて、驚きました。接客を通して会話スキルが磨かれたんだと思います。
大変な以上に楽しさとうれしさがある/30代・女性
いろいろな仕事をしてみた結果、私には飲食店での仕事が合っていました。毎日忙しい日々を送っているなかでホールがうまく回らずにクレームをいただくこともしばしば。大変なこともありましたが、それよりも楽しいこと、うれしいことがたくさんありました。一番の楽しみは、たくさんの従業員と知り合えたこと。すぐやめる人もいましたが、長く続けているメンバーとは毎週飲みに行くほど仲が良くなっていましたよ。一緒に仕事をしているメンバーを成長させられたことが、私にとって一番うれしかったことです。子どもができたので一度退職しましたが、復帰後も融通の利くホールの仕事をしています。
コミュニケーション力がアップしました/20代・女性
回転寿司店でホールとキッチンの両方を任されていました。お店の特性上、お客様に直接的なサービスをすることはほとんどありません。その代わりほかの業務が多かったので、暇な時間はほとんどなかったと思います。集中して仕事ができる環境でした。この仕事をしはじめてから、一緒に働いている仲間とのコミュニケーションや連携などを意識するようになったと思います。初対面の人とも仕事上ならためらわずに話せるようになったのは、ホールでの仕事のおかげです。
あえて忙しい時間に入って成長しました/20代・女性
働いていたお店はピーク時とそうでない時間の差がはっきりしていて、私はあえて忙しい時間にシフトを組んでもらっていました。一緒に働いているメンバーと連携してホールを回していくことが楽しかったのを覚えています。お客様や上司などから厳しい言葉をもらうこともありましたが、その都度メンバーとフォローし合いましたし、常連さんからの温かい言葉にも助けられましたね。いろいろなことに挑戦するのが好きなタイプだったので、たくさんのことができるうちにやりがいも増えていきました。おかげで、そのお店をやめるころには「どこに行っても大丈夫だね」と太鼓判をもらうほどに。仕事への取り組み方もそうですが、人間関係も大切だなと学んだ職場です。
忙しいほど楽しいと感じる仕事です/20代・男性
店長が変わってしまったことがきっかけでやめてしまいましたが、以前働いていた飲食店のホールは、忙しいほど楽しい仕事でした。お客さんの対応が大変ですが、みんなで協力してピークを乗り切った後に食べるまかないがおいしかったのを覚えています。店長がしっかりした方で、言葉遣いや接客などホールでの仕事について叩き込まれました。おかげで今もお客様との対応で役に立っています。交通費はなかったものの、まかないが出たので満足していました。
コツをつかんで仕事をスムーズにこなせるようになった/20代・男性
ホールでの仕事を始めた当初は業務も接客もうまくいかないことだらけでしたが、コツをつかんでいくうちにスムーズに仕事がこなせるようになりました。経験を積むにつれて教わる立場から教える立場になり、店長からお店を任せてもらえるまでに信用してもらったときが「やってきてよかった」と思えた瞬間です。スタッフ同士でのいざこざも経験しましたが、そのおかげで「働くうえでの人間関係」についても学べたと思っています。プライベートでも遊びに行けるスタッフも増えました。
PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。