正社員

飲食業界で働く正社員の仕事内容、必要なスキル、活かせる経験 、身に付くこと、平均給与、求人募集の未経験採用などについて紹介します。

飲食店正社員の仕事内容

飲食店には居酒屋やレストラン、カフェ、ファーストフード店など多くの業態がありますが、いずれにしても調理やお客さまへの対応、またマネジメントを行うのが飲食店社員の仕事となります。飲食店に就職した場合は、まずはじめに現場に出て経験を積んだ後、店長やマネージャーとして店舗の運営を担当することになるケースが多いと言えるでしょう。また、本部に勤務する場合もあります。

ただし、いずれの仕事も現場での経験が必須となることには変わりありません。店長・マネージャー・本部スタッフなど、どの方向を目指すかということに関わらず、現場でしっかりと経験を積むことが重要になってきます。

店長としての仕事

飲食店の店長として勤務する場合は、実際の店舗に勤務しながら、店舗の正しい運営に関わる仕事を主に担当することになります。事務作業はもちろんですが、お店にいる他の正社員やアルバイト、パートといったスタッフの管理も行います。

店長職は常に現場の動きを見ながら、適切に店舗が回るように管理を行うことになります。また、店舗の売り上げをどのようにして向上させていくかということを考え、スタッフ全員で取り組めるように導くのも店長の仕事です。

店長の仕事内容を詳しくチェック

エリアマネージャーとしての仕事

全国各地に店舗を展開しているような大きな会社の場合は、エリアマネージャーとして多くの店舗を統括することもあります。自分が担当しているエリアにある店舗を定期的にまわり、適切に店舗運営ができているかどうかを確認します。本部で決定した各店舗に運営方針を伝達したり、店内のレイアウトなどが正しく行われているかをチェックしたり、時には運営に関してアドバイスや指導を行うこともあるでしょう。各店舗の店長やスタッフと一緒に、適切な店舗の運営を目指していくことになります。

エリアマネージャーの仕事内容を詳しくチェック

本部スタッフとしての仕事

現場から離れて、本部への勤務になることがあるのも正社員ならではと言えるでしょう。この場合は、人事や経営企画、商品開発などの業務につき、グループ全体の戦略を練ったり、メニューの考案、季節や月ごとに行う企画の立案を行ったりすることになります。実際に現場に立つことはありませんが、いずれも現場で働いていた時の経験が生きる仕事内容なので、本部スタッフを目指すとしても現場での経験を積むことが大切です。

商品開発の仕事内容を詳しくチェック

人事の仕事内容を詳しくチェック

経営企画の仕事内容を詳しくチェック

必要なスキル

飲食店に正社員として勤務するにあたり、必須のスキルは特にありません。資格や学歴もそれほど関係なく、未経験から飲食業に飛び込んだという人も少なくありません。また、それまでアルバイトとしてお店に勤務していた人が、これまでの頑張りを認められて正社員へ登用されるというケースが多く見られることも飲食業界の特徴と言えるでしょう。

活かせる経験

飲食店の正社員は、未経験でも挑戦できるという点が大きな特徴ではあるものの、これまで飲食店で勤務してきたという経験がある場合は、即戦力として優遇されるでしょう。ですから、飲食業界で正社員を目指す場合、飲食店でアルバイトやパートとして働いた経験は必ず役に立つはずです。

また、飲食店で働く上では「接客」が基本となります。そのため、飲食店に限らず接客業の経験を生かすこともできるでしょう。

身に付くこと、
キャリアステップ

まずは、さまざまなお客さまに毎日対応することになりますから、接客スキルが身につきます。時には対応が難しいお客さまが来店することもあるでしょうし、クレームの対応を行うというケースもあるかもしれません。しかし、ひとつひとつの場面で適切に対応し、自分の対応について振り返ることによってコミュニケーション能力は上がっていくことでしょう。こうした対人スキルは、他業種への転職時にも役立つはずです。

会社の中でのステップアップとしては、店舗のいちスタッフから店長やマネージャーを目指し、店舗運営を行っていくことで経営に関するスキルを身につけることもできます。経営に関する知識をつけることにより、自分の店を持つという目標を持つ人もいます。また、調理担当の場合でも、正社員として働く中で多くの技術を身につけることによって独立開業をし、自分のお店を持つということも可能となるでしょう。

平均給与

求人情報サイトdodaが公表しているデータによると、小売/外食業界における平均年収は355万円(男性388万円、女性308万円)となっています。しかし、年代や経営スタイル、業態、地域によって差があるため、それぞれの違いについて見ていくことにしましょう。

年代別
まず、レストランへ勤務した場合の平均年収をご紹介します。こちらもdodaによる統計データとなりますが、20代は304万円、30代は392万円、40代は459万円、そして50代以降は582万円となり、やはり勤務年数も長くなるということから年齢が上がれば上がるほど年収もアップしていく傾向があります。
同様に居酒屋やバーに勤務した場合の平均年収ですが、20代は300万円、30代は379万円、40台は447万円、50代以上は465万円となっています。
経営スタイル別
大手、中小の飲食店かどうかでも給与額は変化します。
具体的な統計データはないものの、大企業の場合は賞与や交通費などの支給が行われている場合があります。しかし、中小企業や個人経営の飲食店の場合は賞与なし、となっているところも少なくないようです。
業態による違い
業態によっても給与額は変わってきます。例えばレストランの場合は平均年収が353万円(男性381万円、女性297万円)。生涯賃金は2億255万円となります。また、居酒屋やバーの場合は平均年収が346万円(男性366万円、女性296万円)で、生涯賃金は1億8113万円。
地域による違い
「飲食店.com」によると、2018年の東京と大阪における飲食店の平均給与を比べてみると、東京の平均月給が「258,386円(前年比+5,244円」、大阪の場合は平均月給が「249,051円(前年比+9,417円)」となっています。

参考サイト

未経験の採用

飲食店の正社員としては、未経験でも問題なく募集を行っている企業が多いです。ただし、やはり経験がないよりある方が優遇されるという傾向はあります。

飲食業界は慢性的な人手不足ということもあり、求人サイトを見ると「未経験歓迎」という募集を数多く目にします。未経験でも飲食業界に挑戦してみたい、と考えている人はぜひ飛び込んでみると良いでしょう。

採用担当者が教える!
面接に受かるコツを見る

当仕事経験者からの口コミ

非常に多忙だが、やりがいはある仕事/年齢性別不詳
接客、調理、シフト管理、発注、棚卸し、等。店長として多くの業務を短期間の間に身に付ける事ができます。基本業務時間は店舗によって異なりますが、およそ14時間ほど。お盆、年末年始等、繁忙期の業務はとても体力が必要になります。そのためあらゆる環境下でも体調を崩さない健康な身体と強い精神が必要になります。
短期間でやれる事が次々と増え、昇格も降格も日常茶飯事です。お客さまと親密なコミュニケーションを望めるのも居酒屋ならでは。やりがいはとてもある仕事です。
アルバイトから正社員に/35歳 男性
アルバイトから正社員になりましたが、同じ店舗で働いていてもスタッフと店長とはまったく違う、と自分が店長職に就いて実感しました。店長になると世界も広がります。近隣企業への営業活動や、食材業者さんと話をしながら新メニュー企画、シフト管理といった事務作業も、店長になってから体験しました。いずれは自分の店を出したいという夢を持っていましたが、店をやっていくにはもっと多くの経験と知識が必要だとわかりました。店長になったおかげで、自分に足りないものが見えて、漠然としていた夢が具体的な目標に変わりました。
店長としてさまざまな仕事を任せられていました/28歳 男性
東京都内の飲食店の接客スタッフとして、店頭に立ってお客さまの対応をしていました。また店長として売上管理、アルバイトの採用、スタッフの教育、テナントとの連絡のやり取りを任せられていました。店舗数はそれほど多くないのですが、エリアごとにある店長会議への参加や、管理職になるための研修を受けたりとお客さまへのサービス以外にもいろいろな仕事がありました。
エリアの中でも売上の大きいお店で、開店から閉店までひっきりなしにお客さまがいらっしゃるような賑やかな店舗でした。
一ヶ月のシフトとしては、だいたい一日12時間の勤務が24日ほど、休みは6日ほどで規定の休日数が確保できないため、休日出勤扱いとなる勤務日が2日ほどありました。
たくさんのお客さまと仲良くなれました/30代 女性
飲食店の正社員として働いて嬉しかったことは、常連のお客さまが沢山お店に来て頂いて仲良くなれたこと。最終的には、こちらも私が辞める際に沢山食事してくれて、私に色紙や花束をくれました。これも本当に忘れられない思い出です。飲食店は、”味”が大事なことはもちろん大前提に、お客さまとの接客が楽しい。私としては、美味しい食事をして笑顔で「ごちそうさま」と言っていただけることが一番の楽しみでした。
アルバイト経験から飲食店勤務を選択/37歳女性
高校時代から接客業が好きで、在学中はずっとファミレスのバイトをしていました。卒業後の進路も、飲食店に。高級和食のお店に正社員として就職し、和服の着こなしから所作も含めて、「本物のおもてなし」を教わりました。先輩は厳しかったけれど、毎日、自分が向上していくのが実感できて、すごくやりがいがありました。お金も地位も名誉もあるお客さまがたくさんいらっしゃるので、お客さまに教えていただくこともたくさんありました。
未経験だったものの、先輩が一から教えてくれました/年齢不詳 男性
未経験で飲食業界に入社したので、最初は不安しかありませんでした。でも先輩方が一から全て教えてくれましたし、正直、居酒屋さんのスタッフさんは怖いイメージがありましたが、実際は面白く、熱意ある方ばかりで不安なんてすぐになくなりました。
今自分が一番大切にしている仕事は、明るく、笑顔で元気よく、お客さまの目を見てあいさつし、お客さまが気持ちよく帰っていただけるような接客をすることです。お客さまが帰る際に「ありがとう」「楽しかった」「また来るよ」という言葉と笑顔が見られたときが一番嬉しいです。
仕事を通じて、さまざまなことを学べました/年齢性別不詳
私はレストランでウエイトレスをしていました。仕事内容は、お客さまを席まで案内したり、料理を出したり、レジ業務をしたりしていました。ウエイトレスで大事なことは、言葉づかいやあいさつだと思います。私は、食事をしに来た人が、気持ちよく食べられるよう、おもてなしの心を持って接客するように心がけていました。スタッフも、アルバイトやパートなどたくさんの方たちがいるので、休憩時間は楽しく談話したり、先輩方から仕事や人生について学んだり、様々なことを勉強できたので良かったなと思っています。
10年ほど経験を積んだのち、独立/年齢性別不詳
私は、カフェを経営しています。軽い軽食とケーキ、コーヒーや紅茶を提供しています。もともとは、チェーンのコーヒーショップや個人経営のカフェで働いていました。10年ほど経験を積み、資金もそれなりに貯まってきたので独立しました。メインとなるケーキを開発するのに、試作品をたくさん作ったり、開店後も季節限定メニューを作ったりするなど、お客さんに喜んでもらえるような店づくりを常に心がけています。今では常連さんができ、応援してくれることが何よりも嬉しいです。
PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。