洗い場(ウォッシャー)

飲食業界で働く洗い場(ウォッシャー)の仕事内容、必要なスキル、活かせる経験 、身に付くこと、平均給与、求人募集の未経験採用などについて紹介します。

洗い場(ウォッシャー)の仕事内容

洗い場(ウォッシャー)の仕事内容は、使用済みのお皿を洗って綺麗にすることです。ホールスタッフは食べ終わったお皿をお客様のテーブルから下げてきますが、下げられたお皿はシンクに届けられ、ウォッシャーがそれを洗って片付けます。

洗い場の仕事内容は飲食店の設備によって違い、食洗機が用意されている店舗であれば、ウォッシャーは残飯を捨てて食洗機にお皿をセットし、綺麗になったことを確認することが仕事です。しかし、食洗機が設置されていない店舗であれば、スポンジと洗剤を使ってウォッシャーの手で洗わなければなりません。

いずれにしても、洗った皿は一時的に食器置き場に置かれ、乾いたら食器棚の中に片付けられます。シンクに届けられたお皿を洗い、汚れが残っていないことをチェックしてから乾燥させ、食器棚に片付ける。ここまでが洗い場の一連の仕事となります。

ただし店舗によっては、洗うべき食器がないときに調理補助の仕事をすることもあるでしょう。しかし基本的にホールの仕事をすることはなく、キッチン業務がメインとなります。

必要なスキル

洗い場の仕事に就くために必要なスキルはありませんが、大量のお皿を効率よく片付けていくためには、創意工夫をすることが必要です。そして、周りの状況を的確に判断する能力も欠かせません。

創意工夫により効率的な作業を行うスキル

普通にお皿を洗っていては、お皿が下げられるスピードに追いつくことができず、どんどん汚れたお皿が溜まっていきます。しかし雑に洗っていては汚れが落ちません。そこで、作業を行っていく中で「早く、綺麗にするためにはどうするべきか」という創意工夫をすることが大切です。

周囲の状況を的確に判断するスキル

お皿やグラスの回転率はすべてが同じではなく、頻繁に使用される食器と使用頻度の低い食器に分かれます。洗い場に届けられたお皿を順番に洗っていたのでは、使用頻度の高い食器が足りなくなることもあるでしょう。店舗内の食器やオーダーの状況を見ながら、「どの食器を先に洗うべきか」と判断し、適切な順番で洗っていかなければなりません。

単純作業だからと同じことを繰り返すのではなく、周りの状況を臨機応変に判断しながら、よりスピードアップさせる方法を考えるスキルが必要になるでしょう。

活かせる経験

洗い場の仕事に活かせる経験は、家事の経験でしょう。ウォッシャーの仕事自体が家事に近いものであるため、毎日の家事の中で食器を洗っていたという経験は必ず役立ちます。

また、立ち仕事をしていた経験も十分に活かせます。長時間に渡り、同じ場所にずっと立っているためには、体力や慣れが必要です。動きのある仕事から洗い場への転職では、立ちっぱなしであることが苦痛となるケースもありますが、立ち仕事の経験がある人であれば苦になりません。

身に付くこと、キャリアステップ

ウォッシャーの仕事をしていると、「効率よく作業を行う能力」や「作業を迅速に遂行する能力」が身につきます。この2つの能力は1人で作業をする仕事全般に必要となるため、飲食業だけでなく、作業系の職種への転職に役立つもの。

仕事内容の項目でも解説しましたが、追われることなく大量のお皿を洗っていくためには、効率よく、迅速に作業を行うことが必要です。毎日の作業の中でコツをつかみ、創意工夫をしていく中で、自然と効率良く、迅速に作業を遂行する能力が身についていくことでしょう。

また、洗い場以外のキッチン業務を兼任する店舗であれば、調理の基礎能力も身につきます。包丁を使うことが上手になったり、調理の基本的な知識を習得できたりすることもあるため、料理に興味がある方にもおすすめの仕事です。そこから、調理がメインの仕事に転職・異動できる可能性もあります。

平均給与

洗い場の平均給与は、正社員で年収350万円、派遣社員で時給1,103円、アルバイト・パートで時給992円です。時給換算の雇用形態で、「1日8時間、月20日労働」の条件で年収を算出すると、派遣社員なら211万円、アルバイト・パートなら190万円となります。

給与・時給については店舗による差が少なく、勤務先や能力による給与の差は発生しにくいでしょう。ただし地域によって平均給与は異なり、時給で比較すると関東エリアが最も高くなります。

  1. 東京都:1,083円
  2. 神奈川県:1,051円
  3. 大阪府:1,014円
  4. 千葉県:1,004円
  5. 京都府:969円

上記の時給はアルバイト・パートの地域別平均時給です。大阪府や京都府など関西エリアも混じりますが、平均時給が1,000円以上となっている都道府県は関東エリアに集中しています。このことから、洗い場の仕事は特に関東エリアでの勤務が有利だといえるでしょう。

参考サイト

未経験の採用

洗い場の仕事は特に必要なスキルもなく、飲食業の中でも未経験者が採用されやすい職種です。家事の経験を活かせることから、飲食業未経験の主婦・主夫でも十分に働けます。立ったまま1人で作業をすることが苦にならなければ、チャレンジしやすいでしょう。

調理補助などキッチンの業務を兼任することもありますが、基本的に調理のスキルは必要なく、未経験者が挑戦しやすい職種です。ホールスタッフのように接客をするケースも少ないため、「飲食業に興味があるが接客は苦手」という未経験の方に適しています。

採用担当者が教える!
面接に受かるコツを見る

当仕事経験者からの口コミ

やりがいと達成感のある仕事です/20代男性
回転寿司店で洗い場と炊飯の両方を担当していました。使用済みのお皿を洗いながらお米を炊くのですが、この仕事がなければ回転寿司店は成り立たないので、やりがいのある仕事だと思います。おいしいお寿司を食べてもらいたいので、お皿が汚れていないかチェックしながら、お客様が食べている様子をキッチンから見ると達成感がありました。
冬場は手が荒れますが料理の経験もできます/女性
洗い場では油汚れを落とすときにお湯を使うので、手が荒れます。冬場は特に大変ですが、空いている時間帯には料理をさせてもらえることも多かったので、作り方を覚えることもでき、この仕事を始める前よりも料理が好きになりました。
最初は熱い鉄板を洗うのが大変でした/20代男性
ハンバーガー店のウォッシャーをしていたので、最初は熱が残っている熱い鉄板を洗うのがとにかく大変でした。しばらく続けていると熱さも感じなくなりますが、慣れるまでは大変です。洗い場は熱が残っている食器を洗ったり、洗ったばかりの熱い皿を触ったりすることが多いですが、なれていくしかありません。
目が回るほどの忙しさでしたがとても楽しかったです/30代女性
繁忙期だけの短期バイトでしたが、初めて洗い場の仕事を経験しました。繁忙期でしたので目が回るほどの忙しさだったものの、私の性格にあっていたようで、洗い・すすぎ・乾燥のサイクルがとても楽しく感じられました。
細かな食器が多かったのでかなり大変でした/10代女性
2人体制の洗い場で働いていました。私がいたお店では細かな食器が多かったため、自然と食器の数が増えて洗い場はかなり大変。汚れがこびりつくことも多く、綺麗に落とすのにも苦労しました。でも仕事を続けていく中で少しずつ上達し、先輩方に認められるようになっていけたので、洗い場という仕事を経験したことは正解だったと思っています。
要領をつかむことと、立ちっぱなしだったことが大変でした/40代女性
週末だけ洗い場のアルバイトをしていましたが、一気にたくさんの皿が運ばれてくるので、スピードが要求される仕事だと感じました。要領を得るまでは少々大変で、洗うスピード・流すスピードの両方が必要です。また、ずっと同じところに立ちっぱなしで仕事をするので、足がむくんで大変でした。ただ、おいしい賄いが頂けるので嬉しかったです。
ほとんど機械が洗ってくれるので簡単な仕事です/20代男性
私が働いていた飲食店にはウォッシャーの機械が設置されていたので、自分で皿を洗うことはほとんどありませんでした。残っている食べ物を捨てて機械の中に入れれば、ほとんどの場合、それだけで綺麗になってしまいます。ただ、暇なときはやることがなく、時間が経つのがとても遅く感じられました。
自己流のやり方を覚えればストレスのない仕事です/20代女性
回転率の良いお店で働いていたので、洗うお皿の量はかなりのものでした。洗い場の先輩のやり方を真似したり、自己流のやり方をしてみたり…とさまざまな工夫をしましたが、基本的には単純作業でストレスのない仕事です。慣れれば特に大変なことはありません。
体力が必要で手荒れが大変でした/20代女性
洗い場の仕事自体は苦になることはありませんでした。大変だったことは、長時間ずっと立ちっぱなしなので体力が必要なことと、手荒れがひどかったこと。皿の汚れをしっかりと落とすためには温度の高いお湯を使わなければならず、手が常にカサカサになっていました。
飲食店のバイトの中で洗い場がいちばん楽しかったです/10代女性
キッチン全体の仕事をしていましたが、その中でもいちばん楽しかったのが洗い場の仕事でした。1人で淡々と作業をすることが性に合っていましたし、お客様が使う食器を綺麗にしておくことにやりがいを感じました。洗った後の綺麗な食器が重なっているところを見ると、とても大切な仕事だと実感します。
食洗機から熱い皿を出すことが大変でした/20代男性
洗い場のバイトで大変だと感じたことは、食洗機から出した皿がとにかく熱いこと。慣れるまではとても大変でしたが、飲食店のバイトは若い人が多く、みんなで賑やかに仕事ができたのでとても楽しかったです。
コツをつかめば楽しいけれど身長が高い人は注意/10代男性
最初は洗い物の多さに追われていたければ、コツをつかんで効率的に作業できるようになれば、楽しい仕事だと感じられました。ですが、身長の高い男性は腰を痛めやすいので注意してください。長時間洗い物をしていると、洗い場の低さから腰に負担がかかります。
手荒れさえ気にならなければ続けていける仕事です/10代男性
食器洗浄機が設置されているお店だったので、油汚れだけを落として、それ以外は食器洗浄機で洗う洗い場でした。1日に洗うお皿の枚数はかなりのもので、油っぽい料理が多かったので手荒れがひどかったです。ただ、困ったことは手荒れだけだったので、そこさえ気にならなければ続けていきやすい仕事ではないでしょうか。
PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。

[PR]
後継者問題を解決するM&Aアドバイザリー企業を紹介