飲食業界の転職経験者が語る勤続年数にまつわるリアルな体験談

飲食業界の継続年数が長い人の転職経験談を紹介

飲食店一筋だから可能性が見えた体験談

新卒時代からずっと飲食店で働いています。前職も飲食店でした。とくに今の一つ前の会社には5年勤めていて、接客はもちろん店長業務やマーケティングなど本当にたくさんの経験をさせていただいたので思い入れがあります。ただ、人数が少ない中で幅広い業務を担当していたので、仕事仕事の日々。週に1日休めるかどうかの毎日が続き、転職を考えました。

新しい店舗は完全週休2日制。一番の決め手となったのは、前職での豊富な経験から感じた今後の可能性でした。これから絶対成長していく企業だなと。実際に私が入社してから会社の業績は右肩上がり。私は店長を経て、5店舗を統括するエリアマネージャーを担当させていただいています。

入社前からライバルが少なく、飲食店としてはもちろんビジネスの面から見ても良い体制が整っていると感じていました。実際に働くようになった今、その魅力をより強く感じています。ずっと飲食業界一筋だったので企業の可能性を察知できたのかなと思いますし、こんな大きな仕事を任せてもらえていると思っています。自分の選択は間違っていなかったんだと自信が持てますね。

*参考元:https://employment.en-japan.com/desc_927869/interview_1/

身内が経営する飲食店から幅広いチャンスのある企業へ転職した体験談

今の企業に転職する前は、家族が経営する飲食店で店長をやっていました。いつしかもっと外からの刺激を受けたいと思っていたところ、珍しい「スタンディングバー店長候補」の求人を見つけて面接へ。飲食業だけでなく、設計や内装、人材派遣など、事業の幅が広いことに魅力を感じて転職を決めました。

とくに、「やりたいことはなんでも挑戦していい」という社風は他になく気に入っている点です。自分の可能性を広げ飲食業界の活性化にも貢献できると感じました。

現在は市場調査を怠らず、世の中の動きを考えながら、新しいビジネスチャンスがないか模索しているところです。これまでの経験も活かしながら、今後の事業拡大を目指していきます。

*参考元:https://www.c-alpha.com/recruit/interview/457/

6年間の経験を活かして正社員として活躍している体験談

飲食店でアルバイトとして6年働いていた経験があり、その中で「もっとこんな仕事がしたい」「この仕事ならできるかも」と思うようになりました。その熱意が伝わり今正社員として働いています。今後は女性リーダーとして社内のケアを大切にしながら、社員みんなが幸せになれる環境を整えたいと思っているところです。

はじめは友人に誘われて入った飲食業界でしたが、お客様から受ける「ありがとう」の一言や自分がサポートしたメンバーの成長などで今ではとてもやりがいを感じられています。今働いている会社だと、社員全員に平等なチャンスを与えてくれるところも気に入っていますね。会社に関わるすべての人に「いい会社」だと思ってもらえるよう、これからも力を尽くしていきます。

*参考元:https://southern-happiness.com/interview/interview_tamura.html

経験があっても思うように仕事ができなかった体験談

はじめはスポーツジムのインストラクターとして働いていましたが、この先長く働き続けることを考えて飲食業界へ。何度かの転職を経て今の会社に就職しています。とくに前職では10年近く働いて、腰を据えて経験を積めました。それでも今の職場に転職しようと思ったきっかけは将来性や収入、キャリア、どの点をとっても魅力に感じたためです。

ただ経験者として入社したものの、当初は先輩たちのサービスに驚きの連続でした。お客様にあった適切な間で話しかけていて、気づかいや想いの強さに圧倒されたんです。正直、入社2ヶ月目くらいまでは思うようなサービスができず悩んでいました。支配人やマネージャーに支えられて徐々に前へ進んでいます。今後はさらにスキルを磨いて、お客様がより満足するサービスを提供したいですね。

*参考元:https://employment.en-japan.com/desc_926600/interview_1/?arearoute=1&aroute=0

同じ業界内でも業態の違う企業へ転職した体験談

前に努めていた飲食店でアルバイトから正社員にしていただいたのですが、別の業態も経験したい気持ちが強くなって転職を決めました。今の職場に決めたのもお好み焼やラーメン、カフェなど業態の幅が広かったためです。同じ飲食業ですが業態はまったく違うので、はじめはわからないことだらけ。入社間もなくは結構苦労しました。

しかし、先輩たちのサポートに支えられながら、8ヶ月で店長に昇格。今はやりがいをもって働けています。いつかは自分のお店を持ちたいと考えていて、この会社でその糧を集めていこうと思っています。

*参考元:https://employment.en-japan.com/desc_927604/interview_1/?arearoute=1&aroute=0

飲食業界の継続年数が短い人の転職経験談を紹介

継続年数が長くないのでキャリアや資格が身に付かない体験談

現在飲食店でアルバイトをしていますが、今後のことを考え、収入とキャリアの面から正社員を目指しはじめました。ハローワークに相談し、十数件の面接を受けましたがどれもこれも不採用。役員面接までいったのもたった1社だけです。

長く続けてきた仕事がなく、業務に活かせるようなキャリアや資格がないからか、思うように求職活動が進みません。アラサーという年齢的な面や小さい子どもがいる点もネックになっているのかも。

新卒のみなさんでも就活中に数十件は受けているという話を聞き、このままひたすらに受け続けるべきか、方向性を変えたほうが良いのか迷っています。

*参考元:https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2018/0630/853993.htm?g=02

やりたいことが見つからず継続年数を伸ばせない体験談

もともと飲食関係の会社で働いていましたが、他にやりたいことがあって別の飲食店へ転職。しかし、条件が合わずに結局3ヶ月で辞めました。そこから何度も面接したり気になるお店を探したりしているのですが、なかなか自分に合った職場が見つからず続きません

自分のこだわりが強すぎるのかなとは思うのですが、なかなか経験も積めず…。いろいろうまくいかなくて行き詰っています。はじめはレストランで働きたいとか、これが勉強したい、というものもあったのですが、転職を重ねるうちにそんな気持ちも希薄になってしまいました。どうしたら理想的な転職を叶えられるのでしょうか…。

*参考元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14198453484

PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。