レセプショニスト

レセプショニスト(受付・フロント)の仕事をご紹介します。レセプショニストに必要なスキルや活かせる経験、平均給与、未経験採用などについても書いています。

レセプショニストの仕事内容

レセプショニストの主な仕事内容は受付、フロント業務です。訪れたお客さんを一番最初にお迎えし対応する、企業の顔となる職業です。一口に受付と言っても仕事内容は多岐にわたり、勤務先によって求められるものは変わってきます。ホテル・飲食店・一般企業・百貨店・病院など、レセプション(受付)はあらゆるところに設けられていて、その仕事内容は勤務先によって様々です。

百貨店の場合は館内だけでなく周辺施設のご案内や、ご祝儀袋などをお求めのお客さんに対応できる冠婚葬祭のマナーなど、幅広い知識が求められます。一方、ホテルなどのフロント業務ではお客さん対応・電話対応・クローク業務・予約の管理などが主な仕事内容です。近年は外国人観光客が増加していることもあり、英語・中国語などの語学力が求められる場合もあります。

一般的にフロント業務はホールと兼任しているイメージが強い飲食店ですが、料亭や割烹・レストランなどでもレセプショニストを配置しているケースも。お客さんのご案内やクローク業務を担います。

このように、レセプショニストの仕事内容は勤務先によって大きく違いますが、一貫して言えるのは企業のイメージを決める重要な役割だということです。

必要なスキル

レセプショニストになるために特別な資格は必要ありません。未経験者の募集も多いので、積極的に応募してみるのが良いでしょう。しかし、組織のイメージを決める重要な役割であることから、身だしなみや挨拶、マナーや美しい言葉遣いが求められます。

そのほか必須ではありませんが、勤務先が病院やクリニックの場合は、医療事務資格を持っていると就職面で有利に働くことも。診療報酬の請求などは専用のコンピュータを用いている場合が多く、高度なパソコンスキルは必要ありません。しかし一般事務や医師のサポートをすることも考えると、基本的なオフィスソフトが扱えるほうが重宝されるでしょう。

また、航空会社・ホテル・美術館・劇場など外国人観光客が多いところでは、語学力が求められる場合もあります。意思の疎通が可能な程度の英語でも問題はありませんが、日常会話レベルの英語や中国語が話せるといった場合には、賃金アップも期待できるでしょう。

活かせる経験

レセプショニストの主な仕事は受付・フロントでのお客さん対応のため、接客業の経験を活かすことができます。専任のレセプショニストを配置する飲食店は、主に料亭や割烹・レストランなど比較的高価なお店が多く、質の高い接客経験がある人は重宝される傾向に。

また外国人観光客の多いところでは、外国語を使った仕事の実務経験や海外留学などの経験を活かすことが可能です。英語に限らず中国語や韓国語が話せる人の需要は高く、選べる職場の幅は広がり、多方面での活躍が期待できます。

最近はアジア圏やその周辺からの観光客が増加傾向にあるため、タイ語やベトナム語のほかマレー語・インドネシア語・ヒンディー語など、日本では比較的マイナーな言語を扱えると有利です。英語ほど需要は多くありませんが、需要と供給のバランスを考えたとき英語は飽和気味なのに比べ、マイナー言語は供給が少ないため、会話ができる方は貴重な存在と言えるでしょう。

身に付くこと、
キャリアステップ

レセプショニストで身につくことは美しい敬語や言葉遣い、質の高い接客です。そのほかプライベートでも役立つおもてなしのスキルや、臨機応変な対応力も身に付きます。一口にレセプショニストと言っても活躍の場は幅広いですが、例えば老舗料亭の例では正しい日本語の使い方や立ち居振る舞いを学べる研修や、茶道・日舞・英会話などの研修を行っているところもあります。

実務経験を経てワンランク上の接客ができるようになると、高級ホテルやレストラン、割烹など比較的給与の高い業界へのステップアップすることも可能です。

あらゆる業界で経験を積むことができるのがレセプショニストの魅力ですが、ホテルなどの場合は経験を積み昇進を目指すこともできます。基本的な業務だけでなくお客さんと真摯に向き合う姿勢や、臨機応変な対応力が身にくと、将来的にはマネージャーなど重要な役割を任せられることもあるでしょう。

レセプショニストのやりがい・楽しさ

お客さんと直に接するするため「ありがとう」などの感謝の言葉をもらえると励みになり、やりがいにつながります。臨機応変に対応できたり、かゆいところに手が届くサービスが行えたりすると、人の役に立っているという実感も感じやすいのが特徴です。

また、イメージを左右する「企業の顔」でもあることから、お客さんに良い印象を持ってもらえた時には企業への貢献度の大きさも感じることができます。

勤務先にもよりますが勉強会や研修などの教育制度が設けられていることも多く、学んだ知識と現場での実務をこなすことで自分自身の成長を感じられるでしょう。

レセプショニストのつらいこと、大変なこと

レセプショニストは良くも悪くも企業の印象を左右するため責任は重く、責任感のある人には「やりがい」と感じられますが、人によってはそれを重圧と感じるケースも。人と接する仕事のためマニュアルにないことが起こりやすく、臨機応変な対応力が求められるのです。

また、お客さんとの距離が近い存在のため、面と向かってクレームを受けることもあります。正当なクレームには真摯な姿勢で対処できますが、時には多少理不尽だと感じることも起きるため、それに耐える精神力や忍耐力が必要です。どんな時も常に笑顔で接客することが求められるため、それがつらい・大変だと感じる時もあるでしょう。

平均給与

全世代の平均年収は278万円。正社員として働いた場合の初任給は平均して、18~20万円前後になることが多いようです。しかし、レセプショニストは幅広い分野の業種で活躍しているうえ、正社員・アルバイト・パート・派遣など様々な雇用形態のため、平均給与というものはあまり参考になりません。業種に幅があるため一概には言えませんが、全体的な給与相場は高くはありません。しかしキャリアアップを目指すことはできるため、向上心があれば給与の高い分野への転職も可能になります。

飲食業界は一般的に薄給のイメージがあると思いますが、レセプショニストを配置している飲食店はそのほとんどが一流レストランや老舗の割烹などのため、比較的給与は高めです。一流企業のレセプショニストになると、1,000万円を超える高収入の企業もあります。

参考サイト

未経験の採用

レセプショニストに必要な資格は特にありません。未経験での採用情報も多く、チャレンジしやすい職業です。一部ホテルや美術館、劇場・ホールなど、外国人のお客さんが多い場所では外国語が話せることが条件の場合もありますが、多くは必須の条件がありません。

しかし、お客さんと直に接する仕事のため、コミュニケーション能力が高く外向的な人が向いています。誰かのために何かをするのが好きだという人も、適性があると言えるでしょう。

採用担当者が教える!
面接に受かるコツを見る

当仕事経験者からの口コミ

国際色豊かなゲストが多くとても良い刺激になっています/女性
国際色豊かなゲストが多く利用されるので、外国のカルチャーや風習を肌で感じることが出来ることは、私にとってとても良い刺激になっています。また、ビジネス利用のゲストにはより繊細なサービスが求められますし、ハネムーンや観光目的でお越しのゲストに対してはより一層のフレンドリーさも必要です。様々なシーンでの利用ができること、それに対してどんなシーンにも対応できるサービス技術を身につけることができることが魅力だと思います。
引用元:引用元:ヒルトン|社員の声
目に見えないところで質の高いおもてなしを支える/女性
お客さんとのファーストコンタクトを担うレセプショニストですが、裏方としての業務も幅広く担っています。お客さんをお見送りする際の配車業務。お客さんの専属ドライバーやタクシードライバーの方々と連携を取り、お帰りのお時間に合わせてお車を回していただくのですが、これがなかなか一筋縄ではいきません。お客さんのご案内の順番を間違えてはなりませんし、時間を読み違えて渋滞を引き起こしても、お客さんをお待たせしてもいけません。分刻み・秒刻みで組んだスケジュール通りにクルマが流れていくと、たまらない達成感が湧いてきます(笑)。
引用元:浅田屋伊兵衛商店株式会社|先輩メッセージ
英語のコミュニケーションにも磨きをかけたい/男性
入社当初は、ベルボーイとしてお客さまを最初にお迎えるする大切な役割を担当していました。そして現在のフロント業務へ。宿泊されるお客さまとのファーストコンタクトとなる重要な場所なので気を遣います。また、おいしいお店やおすすめスポットから歴史のことまで、いろいろなご質問を受けるので、事前に情報を調べておく事も大切です。私どものホテルは、通常2割、多い時で4割が外国のお客さま。英語のコミュニケーションにも磨きをかけたいと思い、現在も勉強中です。
引用元:株式会社ホテルグランヴィア広島|先輩スタッフの声
PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。

[PR]
後継者問題を解決するM&Aアドバイザリー企業を紹介