飲食店を開業するまでの流れとポイント

飲食店の開業を考えている方へ、飲食店を経営するメリットや、開業までの流れ、ポイントをお伝えしています。

飲食店経営の魅力とメリット

飲食業で働いている人の中には、将来的にお店を持ちたいと考える方も多いかと思います。飲食店を経営するメリットとは、何といっても、自由に理想のお店を作れること。営業時間や休日も自分で決めることができ、お店に置くメニュー、内装、運営にいたっても、全てが自分の好きなようにできます。雇われ店長とは違って、本社に言われた通りにしなきゃいけないというストレスもなし。売り上げも、頑張った分だけそのまま手元に入ってくるのは大きな魅力です。

実際に個人でオーナーをされている方の中には、会社から解放されたという精神面でのメリットが大きく、中には会社で働いていた当時より、健康になったという方などもいます。

この他にも、飲食店の経営には、こんなメリットがあります。

「やりたい」を全て形に!自己表現ができる

飲食店は、何も料理やお酒が全てではありません。例えば、店内に趣味の絵画のギャラリーを作ったり、本好きなら読書カフェを、旅好きならそれに関したイベントを催すなど、やりたいことを全て形にすることができます。まさに自己表現であり、自己実現も叶えてくれます。とくに個人の飲食店では、個性が勝負になってくるので、アナタならではのオンリーワンのお店を作りましょう。

オリジナルメニューが開発できる

とくに大きな飲食店では、メニュー開発は本社の部署が行うことが多く、店長ではできなかったり、アイディアを出したとしても、完成までに時間がかかります。しかしながら、自分のお店であれば、メニューの開発も自由自在。旬の流行りものなども、思いついた時にすぐに始められます。さらにこれらの新メニューの評価は、現場で直接レスポンスを受けられるため、販売を続けるか、新たなメニューに変えるかの判断も、即座に行うことができます。

特殊な資格などがなく、誰でも始めやすい

飲食店は、常に需要があり、売上は現金回収できること、資金繰りがしやすい点でも、比較的、始めやすい仕事ともいえます。必要なものとしては、開業資金、開業場所、食品衛生責任者の資格(講義に出席するだけで取得が可能)、保健所の許可があれば、誰でも開業できます。

飲食店を開業するまでの流れとポイント

飲食店を開業するまでは、主に次のような流れになります。

  1. 開業資金の調達
  2. 繁盛店や競合店の調査
  3. お店のコンセプトの決定
  4. 店舗の物件探し
  5. 料理メニューの開発、内装の決定
  6. 事業計画書の作成
  7. 物件契約
  8. 内装&外装の施工
  9. 人材採用(料理人、ホールアルバイト)
  10. 仕入先の選定、食材の確保
  11. 各種届出
  12. 販促ツール、看板、広告等の作成
  13. スタッフ研修、デモンストレーション
  14. 開店!

ざっと箇条書きにしただけでも、これだけの工程が必要なので、開業までは最低でも1年は見ておきたいところです。開業資金は、見込み年商の50%程度が一般的。年商2,000万円の見込みなら1,000万円の資金は必要です。これらの資金をどうやって調達するか、競合店の調査なども、思いついた時になるべく早いうちから始めましょう。これだけ時間をかけて開業したお店なら、開店当日の喜びはひとしおでしょう。

PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。