飲食業界は出会いが少ない

飲食業界では出会いのチャンスがないという声をよく耳にしますが、運命のパートナーと出会い、結婚し、幸せな家庭を築いている人もいます。ここでは、飲食業界における出会いについて考察してみました。

この働き方で、いつ彼氏・彼女を作れるのか?

シフトを上手に組んだり土日に休んだりして、出会いのチャンスやデートのための時間を作れる人もいますが、人手の足りない職場では、そうそう思い通りにはいきません。

飲食業界は、他の業種と比べて休日が少なめ。なんとか休日を取れたとしても、通常は土日ではなく、平日の休みになることでしょう。ほかの人と休みが合わせられなければ、出会いはおろか、中の良い友達を遊ぶことも困難です。そういった事情から、なかなか出会いのチャンスを持てない方も、飲食業界には多いようです。

忙しくて出会いのための時間を作れない

アルバイトではなく社員として飲食店に就職すると、たとえ業界未経験者であったとしても幹部候補の人材として扱われます。そのため、入社から短い期間で責任のある立場を任されることがあります。入社から1年ほどで店長になる未経験者も、決して珍しくはありません。

主任や店長に昇格すると、ただでさえハードワークで出会いのチャンスが少ない社員たちは、さらにプライベートの時間が制限されることになります。休みを削って仕事をすればするほど、本部はその人材を評価。ますます多くの仕事が舞い込んでくるかもしれません。

そのような状況に対し、仕事のやりがいを感じる人がいることは確かです。しかし一方で、出会いのチャンスがどんどんなくなっていくことも、また確かです。

休日はグッタリなので出会いのための気力が湧かない

現場での仕事と本部から依頼される仕事が重なり、毎日、寝る暇もないような状態で働き続ける社員。たまの休日が取れたとしても、疲労困憊で一日中グッタリしてしまう人も少なくないようです。

昼近くに起床して、まずは一週間分の洗濯を開始。遅めの朝食を摂った後、部屋の掃除やスマホいじり。ふと気づくと、もはや夕方近い時間。重たい腰を上げて近所のコンビニに行き、夕食の弁当とビールを購入して、自室で飲み食い。いつの間にか寝てしまい、起きたらまた忙しい一週間が始まります。

このような休日しか過ごせない社員が、いかに業界に多いことでしょう。そもそも、頑張って出会いのチャンスを作ろうにも、一般的に飲食店社員の休日は平日です。出会ってくれる相手を探すこと自体、難しいかも知れません。

交際・結婚しても続かないケースがある

たとえ運よくパートナーと出会うことができた社員でも、その後、生活のすれ違いから破局にいたってしまうケースもあるようです。

相手と会える時間が少ない

特に居酒屋の従業員は、仕事が始まる時間も終わる時間も遅めです。多くの人たちが仕事を終えそうな時間に出勤し、多くの人たちが就寝している時間に仕事が終わります。

パートナーも同じ業界の人であれば、ある程度は時間を合わせて過ごすことができるかも知れません。しかし他の業界の人だと、時間を合わせることは難しいでしょう。

そのような状況の中で、やがて互いの意識が離れてしまい、いつの間にか関係が悪化してしまうカップルもいるようです。

夫婦や親子で顔を合わせる時間が少ない

すでに結婚している方であっても、もちろん勤務時間や帰宅時間は遅めです。

毎日深夜に帰宅することが大半なので、夫婦で顔を合わせることは少なくなるでしょう。就寝時間と起床時間が後ろ倒しの毎日なので、夕食はもとより、朝食も共にすることが少なくなるかも知れません。もちろん夫婦だけではなく、子供と顔を合わせる回数も少なくなるでしょう。

そのような家族のすれ違いの毎日が小さなストレスとなって蓄積し、ささいなことがきっかけで、突然離婚にいたるケースもあるようです。

飲食業界で働きながら出会いを作る方法

出会いのチャンスが少ない飲食業界ですが、中には、自由に彼氏・彼女を作り、結婚して幸せな家庭を築いている人もいます。

彼らは、この忙しい飲食業界にいながらにして、どのような方法で出会いから結婚まで至り、どのようにして幸せな家庭を維持しているのでしょう?

他の店舗の社員との交流を大切にしている

他の業界の人と時間が合わないからこそ、同じ店に勤務しているアルバイト同士、社員同士で交際しているという例も少なくありません。

特に、社員同士で交際まで発展する背景には、店舗間での社員同士の交流の機会が多いことなども考えられます。忘年会や飲み会など、エリア内の社員同士で横のつながりを大切にしている飲食店では、出会いのチャンスが巡ってくる可能性があるでしょう。

プライベートな時間を十分に確保している

出会いのチャンスを作るためには、プライベートな時間を十分に確保する必要があります。もちろん、結婚後に家庭を維持していくためにも、プライベートな時間を充実させることが大切です。

飲食業界にいながらにして、出会いや結婚に至っている人たちの共通点は、しっかりとプライベートな時間を持っているという点です。

将来は結婚して幸せな家庭を築きたいと考えている方なら、ある程度休暇制度がしっかり整っている職場への転職を考えてみるのも選択肢のひとつです。

【まとめ】パートナーと末永く幸せに暮らしていくために

以上、飲食業界における出会いについて考察してみました。

忙しい飲食業界の社員とは言え、出会いのチャンスがないわけではありません。ただし、運命のパートナーと出会うためには、プライベートな時間の確保や、社員同士の横のつながりの機会を大切にすることが重要です。

しかし現実として、なかなかそのような時間を作ることができない飲食店社員も多いのではないでしょうか?

近年、働き方に対する世の中の意識は少しずつ変化してきました。休みが少ないとされる飲食業界においても、社員の働き方や生活と真剣に向き合っている企業が徐々に増えてきています。以前に比べれば、週休2日制を徹底している飲食店も、だいぶ見られるようになってきました。

出会いや結婚を前提にしつつ、飲食業界で長く働いていきたいと考えている方は、そのような優良企業への転職も検討してみたほうが良いかも知れません。

同業種に転職するメリットを紹介
現役スタッフへインタビューもしてきました!

PICK UP
注目!
オーイズミフーズのスタッフイメージ
オーイズミフーズへ突撃インタビュー!

全国320店舗の飲食店を営む、大人気の企業オーイズミフーズの「くいもの屋わん」へ仕事の魅力を伺いました。